忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

直呼其名


どうも、村崎式子です。

去年落とした中級チャイ語を、今年頑張ってとってるよ!(泣)



ところで今日は面白い話を聞いたんで、そのことでひとつ。

タイトルの「直呼其名」ってのは、「相手を直接本名で呼ぶ」ってことなんですが、これ、中国では目上の人に絶対やっちゃいけないのね。


拍手[0回]

そんなん日本でも同じじゃーん、て思うかもしれませんが、考えてみてください。

親戚縁者がいっぱいいるとき、なんて呼び分けますか?

「つとむおじさん」とか「かずひろおじさん」、「みゆきおばちゃん」とか「くみこおばちゃん」て呼びません?

中国ではこれすらやっちゃいけないそうなんです。



代わりに中国語は、親類を呼び分ける言い方がたくさんあるんですよ。

たとえば下の5つ。

日本語だと「おじさん」1語だけれど、中国語では

 父の兄=伯 bo4

 父の弟=叔 shu1

 母の兄弟=舅 jiu3

 母の姉妹の夫=姨

 父の姉妹の夫=姑

この他「おじいさん」「おばあさん」の呼び方も父方か母方かで異なるし、とりあえず本名を言わない工夫たるや涙ぐましいものがあります。



あと、日本では父親の名前の1字を、息子に付けたりしますよね。

藤原氏・源氏・平家・北条氏・徳川家なんか、受験生泣かせもいいところです。

私は泣く前に棄てましたが。


中国ではこれもやっちゃいけない。

それどころかとんでもない。

何故か? 自分の名前を言うとき、必然的に父親・先祖の名前も言うことになるからです。



名前が神聖なもので、口に出して呼ぶとその名前の主を穢すことになる、という思想は世界各地に見られますが、中国ではそれが今なお強く定着しているんですよね。

字と諱とか。

この間塾生に説明して、高へぇ(もう死語?)をいただきましたよ。

日本でも天皇の本名がほとんど知られていないっていうところとかに、そういう文化の片鱗が見られますが、中国よりはlooseみたいです。



てゆーかそんなん言ったら、父親を「Sさん」、母親を「M子さん」呼ばわりしてる私なんかどーなるのよ。

ところでうちの両親、リアルにイニシャルがSとMなんだよ。いつもネタにしてるんだけど。

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]