忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

同学ということば


コメントへのレスに使ったので、しばし説明をば。

「同学 どうがく」ってニホンゴにもあるけど、これは「同じ学問を学ぶ」或いは「同じ場所・同じ先生の下で学ぶ」って意味らしいっす。

そしてこれは中国語でもそういう意味があるらしいっす。

だけど、今回私が使ったのは、中国語の敬称である「同学 tong xue」です。




拍手[0回]

「同学」っていうのは、相手が学生のときに使う敬称です。

教師が学生を呼ぶときにも使えるし、学生同士が互いを呼び合うときも使えます。

ですが、日本語にはこれに対応する、学生用の特別な敬称がないんですよね。

教師が学生を呼ぶときは「〜くん」「〜さん」(或いは呼び捨て)ですし、学生同士も同じ。

学生が年上の学生を呼ぶときは特に「〜先輩」を付けなきゃいけないコミュニティもある。



ちゃんと調べた訳じゃないんでわからないんですが、恐らく社会主義思想化で使われるようになった敬称だと思います。

でも私、この敬称けっこう好きなんですよね。

先輩・後輩関係なく「共に学ぶ」ってところが。

KO大学なんかは教員に対しても「くん」付けですから、あそこでの会話を中国語訳すると教員まで含めて「同学」です。

なんかこー、妙に謙虚な気分になりませんか。



あと、中国語には「教学相長 jiao xue xiang chang」って熟語もあるそうです。

教師と学生は互いを高めあうものだってことですね。

塾バイトやってるのでホント日々実感です。

ハナシはややズレるけど、一番学習効果が高い学習方法って、他人に教えることだしね。



学問の道を歩んでいる点は皆同じ、てな連帯感と謙遜さが湧いてくる中国語のお話、でした。

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]