忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『死化粧師』ドラマ化っすか

★公式HP

ままままじっすか…(;´∀`)…

でも舞台を病院に移したり、
(原作では教会をリフォームした建物)
「『命』を見つめるハートフル・ヒューマンドラマ!」
って銘打ってみたり(まぁ間違いじゃないんだけど)
キャストにふつうの男の子を起用したり
(つまりオダギリジョーとかクセのある人じゃないってイミです)
三原ミツカズ的ゴステイストは
まっさらに排除されてるぽいですね。

単なる医療ドラマにして一般受けを図ったか、
まぁ数字稼ぐならそれが正攻法だろうな、
原作ファン(というか三原ファン)はガカーリするだろうが

しかし数字を狙ったにしては配役に
気合がなさすぎる
と思うのは私だけ?

拍手[0回]

実は全巻持ってる原作

キャラクター・舞台設定ともリアルだから
三原ミツカズの中ではいちばんすき

死化粧師 1 (1) 死化粧師 2 (2) (Feelコミックス) 死化粧師 3 (3) 死化粧師 4 (4) (Feelコミックス)

PR

Comment

こんにちは
  • 赤魚
  • URL
  • 2007-09-26 13:37
  • edit
「だら〜んと読み続ける」管理人赤魚です!
コメントいただいたのでリンクから飛んでやってきました!
さっきはじめて公式を見たのですが、設定もかなり変わっているんですね!
アズキちゃんは看護士さんになったりして…
死化粧師は三原ミツカズさんの雰囲気だったから好きだったのに…これは私もがっかりしてしまいそうな予感がします><
でも見ます!

それでは☆また覗かせて頂きますね!また☆
初めまして
トラバ有り難うございます(>▽<)
死化粧師、一番リアリティーのある作品ですよね。その上ゴステイストも忘れないという素晴らしさ。そんな作品だからこそ実写化は凄いねと思いましたが観る気ないんですよ〜。だってあまりにも三原ワールド無視し過ぎな感じがして。どうせなら大人な医療ドラマにしてほしかったですよ。何となく観てしまっても『死化粧師』として観れないですねぇ。しんじゅうろうさん、可愛くなりすぎ。
>赤魚さん
  • 紫式子
  • 2007-09-26 19:20
  • edit
コメントありがとうございます☆
漫喫店員とのこと、うらやましい……(´-ω-`)

原作にはいないキャラクターも出てきて、
どうもややこしい人間関係が
描かれたりしそうな予感もいたします。

でも見ましょうね!
ダメダメだったら一緒にタタきましょう・笑。
>miyoさん
  • 紫式子
  • 2007-09-26 19:21
  • edit
コメントありがとうございます!

新進気鋭の役者さんを起用したりして、
「ドラマとして」はやっていけるかもしれませんが、
「『死化粧師』として」は……?

いっそタイトルまで変えてしまって、
全く別のものとして割り切れば良かったのに!!
もっと話のシリアスさが伝わる配役が良かったですよねぇ。

と、ぐちぐち言っておいてハマったらどうしましょう・笑。

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]