忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

ちょっとした私事


ちょっとした私事なのですが、本日10月7日を以て、当blog、1周年を迎えました。

当初は村崎式子日記っていって、ドリコムブログでやってたんだけどね。

半年くらい前にヤプログに引っ越してきて。

1周年っていうのは、そのドリコム時代からのカウントですが。



しかし……よく続けましたね、飽きっぽい私が……。

これもひとえにアクセスしてくださってる皆さまがいらっしゃったからですよ。

毎度ありがとうございます。




やっぱ、blogやって、知り合わなかったはずの人たちと知り合えた・考えを交換し合えたっていうのが良かったんだと思うし、これからも続けたいなって思うモチベーションになってますね。



続けたところで誰かの益になるのかと言われれば、俄かに肯定は出来ないけれども、でもたまにTBもらえてるってことは、まだやってても良いってことなんだろう。



続けてて害になってる、とかそういう説もね!

まぁ……まぁ……初期は荒れ放題・荒らし放題でしたしねー……。

「消した方が良い」とか言われたもんね、「やめた方が良い」とか。「ひどい」とか。

いや、初期に限らないか……?

この夏辺りまでは、割とキワドい単語平気で使ってた気がする。



mixi始めて、ここ(ひいてはネット)の使い方が変わったんですよね。

ヘンな言い方ですが、やっと「人目を気にする」ようになったと言うか。

「不適切な話題」って言えばいーかな? 「読ませるべきでない話題」ってのを漸う自覚するようになりましたね。

blogでしか知らなかった皆さんでも、顔写真とか具体的なプロフィールも見ることで、比喩的に「読み手の顔が見える」ようになったってーか……

だから最近フンイキ違うでしょ? ここも。過去ログ見ればわかるけど。いや、見なくて良いけど。

かと言ってmixiでもそういう話題を晒している訳ではないし。

オンラインメディアを、そういう目的で使うことが無くなった。

それはmixiのお陰、みたいなところがありますね。

例えここでmixiやめても、前みたいに戻るとは思えないし。



で、代わりにって言ったらヘンな言葉遣いだけど、でも代わりに、それこそ「お役に立てたら」って方針が固まりましたね。

元々そういう面はあったんですけどね。タダの日記にすることは絶対したくなかった。

全然私のこと知らない人が読んで、「へー、今日そんなことがあったの、で? だから何?」っていうblogにだけは、絶対したくなかった。

だから美術展の感想とか、ブックレヴューとかは、初期から結構やってたんですよ。

ただ、極度にプライベートな記事も書きつつだったからね。

それもそれで、「だから何?」って言われないタイプの記事だったけどね。「だから何?」の前に、「やめろよ、そーゆーの!」って検閲ひっかかってた・苦笑。

そこのところを純化してみることにした、という訳です。



かと言って全然お役に立てること書いてる自信無いけど!

それこそ、私の内面に蓄積がないゆえであり、でもだからこそ、アウトプットできるだけのものをインプットしていきたい、っていうモチベーションに、またなってますね。

目的と結果が逆転してるかもだけど、でもblogに育ててもらってる、って面もある気がします。実際。



と、いうアレで……

皆さまのお目障りになることも覚悟しつつ。

さりとて、見守ってくださる皆さまのアクセスを心の支えにもしつつ。

しぶとくこれからも続けていくつもりだぞ、という、意思表明だけさせていただきます。



久しぶりにこっちでダラダラ書いたな。

んでは、そういうことで、今後ともよろしくお願いいたします。



かしこ

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]