忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

お泊まり中ー

女友達の家に、なんですが。

彼女これ読みながら「男友達ってことにしときゃいーじゃん」って言ってますが、そんなフィクションをでっち上げても何にもならないと思うので。



私はそんなに社交性のある人間ではないと思ってるんだけど、友達の家にお泊まりするのは好きだ。

友達というほど仲の良くない人の家に、流れでお泊まり、とかでも楽しむと思う。

要するに、他人の生活を垣間見るというのが好きなのだ。

これはお互いの家にお泊まりした仲の友達の言葉なんだけど、

「他の家の生活って異文化だよねー」



そーなんです。

みんな日本列島に住んで、日本語(と括られている言語)をしゃべってるのに、各家庭でそれぞれのルールが出来上がってる。

例えば歯磨きする場所。

「異文化」発言をしたその友達の家は、洗面所で歯を磨く家だったんだけど、私の家は台所orリビングでTVを見ながら延々30分くらい磨くのが通例になっている。

それでいつもの癖で、彼女の家の台所で歯を磨いていたら、とてもとても変な目で見られた。。。

カレーの盛り方とかね。

右にカレー? 左にカレー? それとも真ん中?



そんな経験もあり、私にとってお泊まりは異文化コミュニケーションなんです。

だから、相手のライフスタイルは私と異なれば異なるほど面白い。

男友達の家にお邪魔するのはサイコーですね。

道徳上問題があるというのなら、泊まらずに訪問だけでもいいけどよ。

男の子の部屋は好きですね、殺風景で。

ムダの無さが清清しい。

女の子がみんなそうだという訳ではないだろうけど、私に関して言えば、なまじ部屋に装飾性を求めてしまうので、たまに自分でもちょっと鬱陶しい。

それで男友達の部屋を見ると、用の美すら感じますね。

シンプルって、美しい。みたいな。

かく言う私はau人ですが。



あと、普段何気なく接してる友達の本棚に、意外と小難しい本が並んでるのを見て「おっ」と思ったり。

コアなCDがあったりしたらニヤニヤしちゃいますね。

そうそう、やっぱり部屋ってプライベートスペースなので、大学や職場では見られない相手のパーソナリティがわかって楽しい。

何事に関しても、新しい発見はexcitingですよ(ふさわしいニホンゴが思い付かなかった)

意外性の無い人間ほどつまんないもんはない。

あ、こんなんだから私の身辺には正常者がいないのか?



ハナシを戻して実利的なことを言えば、服の量とか収納法とか、自分と全然違ってタメになる。

買い物のクセとかも、部屋にある紙袋etc見ればわかるし。

台所の使い方とかね。

男友達の料理への姿勢は、ジェンダー云々考えさせられて面白いですよ。



というアレで、結論は「私を泊めて!」ってことなんですが。

ウチ泊まってくれてもいいけど、ベッド捨てたから、寝るスペース狭いんだ。

精神不安定になってきて、独り寝ツラいし

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]