忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

殺人という事故


毎週木曜日は教職必修・道徳教育論の日なんだけど、その授業の先生がほんとーにすごいの。

授業が全然形骸化してなくて、「『道徳の授業』の進め方」じゃなく「道徳の何たるか」からやってる。

で、「人間は情念(気分)を意志でコントロールできるものであり、道徳はそのコントロールを各自に自分で行わせるもの」みたいな話に、今なってる。

もう、小中学校のつっまんない偽善的な「アレ」は何だったのだろうと、義務教育修了6年目にして開眼しているのですが。




拍手[0回]

で、先生のその理論で行くと、殺人事件とか起こしちゃう人は、その「情念をセーブする力」が足りなかったわけ。

「茫然自失」の「自失」って言ってたな。

意志を持たない「もの」になっちゃうんだって。



それで、今私にとって最も身近な殺人事件(…)・阿部定事件を思い浮かべた訳なんだけど、彼女も本当に余裕がなくなっていたと言うか、気分に流されてしまっていて、客観性を失っていたのだろうなぁと。

恋しい、恋しい、独占したい、が高じていて、その上それをセーブするだけの強い意志を持ってなくて、それで「殺すしかない」に辿りついちゃったのかなぁって。

どっちにしても、彼女には同情せざるを得ないんだけど、今度は「同類相憐れむ」じゃなくて。



そして、先生の話に戻れば、殺人事件も事故と言って良いかもしれないのだと。

って言うのは、未然に防ぎえたかもしれないから。

殺人するために生まれてきた魂なんてないって考えれば、それはその通りな訳で。

それと同時に、いつ何時当事者になるかわからないっていう点でも、事故なのかな、とちょっと思ってしまった。

私もいつか自失して、誰かを殺してしまうかもしれない。つて。

そして私は割に「情念」に流されやすいたちで、もうそれこそ頻繁に感情的になったり理性喪失してるから、「事故りやすい」状態なんじゃないかな、と。



で、ま、だから、来たるべき日が来ないようにするために、意志を鍛えておこう、と思った次第なのです。

とりあえず『方法序説』読み始めたよ。

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]