忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

電脳の海に音楽の奔流 ~『イノセンス オリジナル・サウンドトラック』~

イノセンス オリジナル・サウンドトラック
イノセンス オリジナル・サウンドトラック


そういや『攻殻機動隊』シリーズに鬼はまりして、
映画版・TV版・原作フルコンプしたのに
その話をぜんぜんしていなかった気がする。

なんで今さら攻殻って感じなんだけど、
順を追って説明すると
  今さらジョジョにはまる
 →ジョジョMAD見まくる
 →★「【手書きジョジョ】攻殻2ndOPでジョジョ3部」にはまる
 →攻殻の音楽を聴くようになる
 →攻殻の映画・アニメを観るようになる
 →攻殻にはまる
っていう過程を経てきているので、
言ってみれば私にとって攻殻=攻殻の音楽
と言っても過言ではない。



んで、『イノセンス』……の、音楽。
TV版の菅野よう子ももちろん素晴らしいんだけれど、
映画版はやはり映画音楽! て感じで重厚さが違いますよね。

映画版『攻殻機動隊』&『イノセンス』のOP
さいしょ聴いたとき失礼ながら
「姫神?」とか思ったんですが……(汗)
まぁご存知ない方は何となくああいうテイスト、
ってイメージしてもらっていいと思います。

重厚。壮大。幻想的。darkness.不安。不気味さ、美しさ。
全部が入っています。
私が音楽に求めるもの、全部。



『イノセンス』から『未來のイヴ』に入るように、
音楽からアニメに入ってもいいんじゃない? と思います。
それだけの力が、攻殻シリーズの音楽にはある、という意味で。

イノセンス スタンダード版 [DVD] GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 [DVD] 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX DVD-BOX (初回限定生産) 攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG DVD-BOX (初回限定生産)


拍手[0回]



PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]