忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

耳で感じる「左極の聖性」 ~書上奈朋子『PIANOIR』~



書上奈朋子のピアノ曲が収録されている、と聞いたもので

エキセントリック・オペラが一時所属していた
癒し系レーベル「Kanon」(だったの?)の
ピアノ・コンピレーション・アルバム
『Avec Piano』をようやっと買った。

Avec Piano
Avec Piano

「たった1曲だし、ピアノの音苦手だし、
 どんな曲かもわからんのにお金出すのはなー」
とずっと迷っていたのですが、youtubeで動画を発見、
「ひと耳惚れ」して速攻Amazonでポチでした(・∀・)

他の曲も良かったんですが、やっぱ書上奈朋子の
この曲ばかり延々1曲リピートしてしまいます。



曲は動画でお聴きいただければよいかと思うのですが、
この不吉さ不気味さ、それゆえの崇高さ。
本当にバタイユの言う「左極の聖性」を現出してるなー、と思う。
死とか禍々しいものに接したときに感じる、不浄で不吉な聖性。

重なるグレゴリオ聖歌風のコーラスが
さらに雰囲気を高めていますね。

「左極の聖性」「右極の聖性」については↓のblog記事の
冒頭でわかりやすくまとめられています。
todaeiji-weblog様「15 都市の中の寺院 02」

読むならこっち↓
ゴシックとは何か―大聖堂の精神史 (ちくま学芸文庫)
ゴシックとは何か―大聖堂の精神史 (ちくま学芸文庫)



書上奈朋子の楽曲は、長調で癒し系のものもあるけど
印象が強い曲のほとんどは短調の「左極の聖性」系で、
得体が知れないけれど心地よい、どこか
暗いところに手を引いていかれる感覚があるんだけど、

そんな楽曲の中でも『PIANOIR』は抜群の怪しさ。
「NOIR」=「黒」の名を冠しただけあると思います。

でも本人にこの題名について聴いたら
「まぁグランドピアノはほとんどが黒いですからね……」
とか言いそうでコワい。



おまけとして、各演奏者が作品に寄せてるコメントでも
書上奈朋子は異彩を放っていた。

他の演奏者が「明日への希望と夢を抱くための休息」とか
「深い森の泉から、清らかな水があふれるイメージ」とか
書いてる中で

「小さいころ家にあったピアノは、時々誰もいない部屋で
 必ず決まった音を鳴らしてました。
 家族みんな聞きました。高いAの音です。」


ホラーwwwwww

拍手[1回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする
『Avec Piano』
  • 『Avec Piano』
  • URL
  • 2009/10/12(Mon) 11:57
『Avec Piano』を購入。アーティスト名が「カノンオーケストラ」になっておりますが、ピアノを軸にしたコンピレーションアルバムと言っていいと思います。各トラックのアーティスト情報を以下に。 1. おやすみ(歳森今日子) 2. Chinetto(小岐須和宏) 3. Hodie Christus natus..

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]