忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

元ちとせ『ハイヌミカゼ』


ハイヌミカゼ
ハイヌミカゼ




どうも、村崎式子です。

座右の銘は有言実行。

いろいろ口にしすぎて自分の首を絞めていく。

ただし言わなかったことはやらないぜ、たぶん。

と、いうアレで昨日の今日で買ってきました、『ハイヌミカゼ』。

2002年と、意外と昔の盤ですが。



ぶっちゃけどの曲も同じに聞こえるんですが(失礼……)、矢張り良い声をしている人ですね。

祝詞のような声っていうか、姫神ヴォイスを素で出してるっていうか……モノを益々分かりにくくしている比喩だな。

なんか土着信仰的っていうか、土臭い神聖さがありません?



シンプルで重い、原始的なベース音も加担してるんだろうな。

そう、最近思い出したんですけど、私「澄んだ高音」フェチであると同時にベース音フェチなんですよね。

ベース音がしっかりしてる曲じゃないと「コ」ない。




拍手[0回]

つくづく自分の嗜好が不思議です。

繊細さ・薄暗さと、重厚さ・土臭さが共存してるものが好き。

ビアズリーとかも、線はあんなに細くて途切れそうだし、計算しつくされたバランスがインテリの匂いするのに、インクの中に塗り込められた欲望はすごく泥臭いじゃないですか。



ん、なんか「匂い」とか「臭い」とか、嗅覚系の言葉使ってるな。

『香水』で、無臭の主人公が人工的に体臭を作るシーンがありましたよね。

それやらないと、「臭いがしない男」って気味悪がられるから。



似たような兼ね合いなのかな。

香水の澄んだ、良い匂いに惹かれるけれど、そのベースに体臭がないと落着かない、みたいな。

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]