忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

観たい映画『非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎』


公式サイト

名古屋シネマテークにて、4月19日から。


「非現実の王国で」ってのは
タイトルなんだけど、
これがアニメ化されること自体が
私にしてみれば非現実
なんだが。。。


ヘンリー・ダーガーのドキュメンタリーのようです。

ヘンリー・ダーガーというのはアメリカの
アウトサイダー・アーティスト
(※正規の美術教育を受けていないが、なんやえっらい「アート」を作っている人をまとめてこう呼ぶ)


病院の清掃夫をしている天涯孤独の老人でしたが、
死後、下宿していた部屋から膨大な「物語」が
見付かりました。


それがこのドキュメンタリー映画の題名にもなった、
『非現実の王国で』



「悪い大人」である「グランデリニアン」と、
無垢ながら大人顔負けの機転を持つ7人姉妹
「ヴィヴィアン・ガールズ」との壮絶な「合戦絵巻」です。

15,000ページを超える
恐らく世界最長の物語と、
数百枚の挿絵(3m超の大作が多数)!


原美術館での展覧会、観に行ったんですけど
(レビュー書いてない……アレレ?)、

巧みではないのですが、緻密な描きこみが
すごく、偏執的というか……ものがなしい


ウルトラ・バロックの建築に
通じるものを感じるというか……。

「そこまでやらなきゃ気が済まない」
「そこまでやっても救われない」

みたいな、人間の不安さ、切なさ、祈り……

そんなものを感じてしまうんですよね。


まぁ単にモチーフが扇情的
というだけなのかもしれないが。

ιょぅι"ょばかりなんですよね。
しかもしょっちゅう裸で、
ちんちん付けてたりする。

しかも臓物ぶちまけて
血まみれで死んでたりする。。。


これについての考察は『美術手帖』なんかに
詳しいんで、よろしければ映画の前にドゾ。


うん、タメになりそうなので
(※「業」の研究)私は観に行きたいぞ。

拍手[0回]

大きめの本屋にはバックナンバーあると思います。
美術手帖 2007年 05月号 [雑誌]
美術手帖 2007年 05月号 [雑誌]


作品集。
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で

他の作家も知れて楽しい。
アウトサイダー・アート
アウトサイダー・アート

「変態芸術家」会田誠も、ダーガーには
「本物のアブない人の凄みがある」と言っていた。
MONUMENT FOR NOTHING
MONUMENT FOR NOTHING


ウルトラバロック様式建築の写真集。
ウルトラバロック
ウルトラバロック

これは私が好きなまんがなだけで
あまり関係ないです。。。
ウルトラバロック・デプログラマー 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)
ウルトラバロック・デプログラマー 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)


「萌え属性」ってほとんど神話の踏襲だよな、と思う。
(※18禁ゲーム注意※)
ふたなり♪ ミルクセ~ぇキ
ふたなり♪ ミルクセ~ぇキ

知り合いのAV監督が「ふたなり」ものの第一人者でして。
監督もこの映画を観に行きたいと言ってらした。
(※18禁コンテンツ注意)
ふたなりレズビアンCLIMAX 立花里子・大塚ひな
ふたなりレズビアンCLIMAX 立花里子・大塚ひな
PR

Comment

無題
  • あおひー
  • URL
  • 2008-04-10 00:53
  • edit
先日、「≒草間彌生〜わたし大好き〜」を見に行った折、予告編が流れててすごく気になっています。
アニメーション、違和感なかったですよ。
昨年、原美術館で見たあのいびつな世界が強烈に印象に残りました。
>あおひーさん
  • 紫式子
  • 2008-04-10 01:01
  • edit
私もネットの動画で見て、
「上手くやってるじゃない!」
と感動しました☆

「いびつな世界」……確かに。
実生活でお気に入りの少女の写真をなくしたら、
物語の世界にも不吉な出来事を起こしたり……。
「いびつな神」って感じですよね。。。

草間彌生!
私も映画館の前だけ通ったんですよー!
「非現実」のポスターも見ました。
(渋谷パルコのところのじゃないですか?)
でも「いのちの食べ方」観た後で
時間もお金もなかったので断念しました……。

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]