忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

映画『パンズ・ラビリンス』

パンズ・ラビリンス DVD-BOX
パンズ・ラビリンス DVD-BOX

パンズ・ラビリンス 通常版
パンズ・ラビリンス 通常版


★公式サイト
「パンズ・ラビリンス」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

えへへ。
観にいった。
観にいっちゃった。

1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。『デビルズ・バックボーン』のギレルモ・デル・トロ監督がメガホンをとり、ファシズムという厳しい現実から逃れるため、架空の世界に入り込む少女を通じて人間性の本質に鋭く切り込む。イマジネーションあふれる壮大な視覚技術を駆使して生まれたクリーチャーや深く考察されたテーマに根ざした巧みな演出が衝撃的。(シネマトゥデイ)


とりあえず地下宮殿のバケモノが
キモすぐるグロすぐる。
あれに追いかけられるシーンでは
本当に首引っ込めた。
逃げたくてしゃーなかった。

PG-12指定だったらしいけど、
ワタシあれ12歳のときに観てたら
たぶんトラウマってた。
イャ反動でゴシックホラー、
ダークファンタジーが
より好きになってたかもだけどね。
10歳のときからビアズリー好きだしね。氏ね

ピカソとかガウディとか見ても、
スペイン人ってこういう
グロいというか生々しいというか、
ヨーロッパの中でもゲテゲテした
ものに寛容なイメージがありまふ。

これは『チェーザレ』の受け売りだけど
イスラム系国家に支配されてたっていう
背景もあるのでしょうかね。
「ラテン系、ゴート族、アラブ人、
 ジプシーなどの混血により
 現在のスペイン民族が形成された。」

ってWikipediaにも書いておるし。

なんかグロについて
延々書いてしまった。
本当はバケモノより、
レジスタンスをためらいなく殺す
オフェリアの義父=大尉の方が
コワいのだが。

映画自体は

良かったです。
良作だと思います。

現実はとことん乾いて、
幻想はとことんきらびやかに
描写されている。
単なるファンタジーではなく、
現実もちゃんと見据えて、
むしろ現実が見えてしまっているゆえの
幻想世界なんだよ、というような描写。

各キャラクターも「立って」います。
繊細で平和を求めるオフェリア、
独裁政権に加担しているとはいえ
自分の信じた道を歩んでいる大尉。
ゲリラのスパイであるがゆえに
大尉の家政婦であることを恥じるメルセデス、
大尉の目をかいくぐりながら
メルセデスらゲリラに協力する医師。

「Lost in Australia」様
メルセデスとオフェリアの母親がそれぞれ、
当時のスペイン国内の女性像を
象徴しているのでは、という
分析をなさっています。

「何を言いたいのかわからない」
という方もいらっしゃいますし、
私も何を言いたいのか
はっきりわかった訳じゃありませんが、
それだけ一筋縄では行かない
言い換えれば繰り返し観るべき
映画なのだろうと思います。

(イミ云々を差し置いても、
 美術や特殊メイクで
 何回か観たいという気に
 させられる作品でした。)

エンディングも賛否両論の気がしますが、
私としては、いちばん納得の行く形でした。
(結末が読めた、とも言えますが
 ああやって現実/幻想を
 両立させるたぁ思わなんだ。)

うん、観にいって良かったですよ。
怪物はグロすぎだったけど……。

拍手[0回]

PR

Comment

コメントありがとうございました
  • プリシラ
  • 2007-10-10 20:05
  • edit
記事の中でまでご紹介ありがとうございます。

この映画 よくわかんない!って 方多いんですか。ファンタジーってそういうものですよね。
エンディングも最初にもう出しているので 変えようがないですよねぇ。変えちゃったら 今度はタイムマシンものとかになりそう・・・。

DVDを買って たまぁに引っ張り出して観たい作品です。
こんばんは
  • ノラネコ
  • URL
  • 2007-10-10 21:24
  • edit
お久しぶりです。
ラストは、アレ以外無いでしょうね。
決して観客に割り切らせない事が、この映画のテーマに繋がってますから。
ビジュアル造形は、ゴヤの絵を連想しましたよ。
スペインの闇は深いです。
>プリシラさん
  • 紫式子
  • 2007-10-11 22:58
  • edit
コメントありがとうございます。

Yahoo!のレビューを見た感じだと、
そういう方もいらっしゃるみたいでした。
特にこの作品は、リアルと行き来しますからね。
そこが大事なんですが。

いろいろ細かいところ凝ってそうですから、
それを見つけるのも楽しそうですよね!
>ノラネコさん
  • 紫式子
  • 2007-10-11 23:01
  • edit
またお世話になります☆

よく「練られた」ラストでしたよね。

ゴヤは、なるほどです!
「黒い絵」の時代ですね。
闘牛とかフラメンコとか、
血なまぐささなどもひっくるめて
「ヴィヴィッド」な文化なのかな、
とちょっと思っています。
一度観ただけでは…
『2001年宇宙の旅』ではありませんが、一度観たくらいで解るようではたいした作品ではないのかも。
解釈が何通りもできるのも、童話的といえるのでしょうね。深い作品でした。
>よろ川長TOMさん
  • 紫式子
  • 2007-10-16 21:40
  • edit
コメントありがとうございます。

見るたび解釈や、
キャラクターに感じる思いが
変わっていきそうで、
長く付き合っていきたい
友達のような作品でしたね。
こんばんは
  • バラサ☆バラサ
  • URL
  • 2007-12-27 21:47
  • edit
やっと見ました。
フィギュア好きのわたしですが、あの2体はタダでも要りません。ガマガエルは欲しいかも。
大尉は、モンスターって奴ですね。影の主役です。
>バラサ☆バラサさん
  • 紫式子
  • 2007-12-29 15:47
  • edit
コメント・TBありがとうございます。
フィギュア……あ……あるんですか??;
「いないいないばぁ怪人」のストラップだか
キーホルダーだかは、プレゼント抽選が
あったらしいんですが。い ら ね - よwww
コメントありがとうございました
  • YOSHIYU機
  • URL
  • 2008-06-19 09:58
  • edit
現実とファンタジーの融合が、見事な作品でしたね。
PG-12指定になったのは、バケモノよりも
大尉が撲殺したり、口を裂かれたせいでしょうが
手に目玉のバケモノは怖かったですね。
とても素敵でした(笑)
>YOSHIYU機さん
  • 紫式子
  • 2008-06-19 23:24
  • edit
こちらにもわざわざありがとうございます。

リアルもファンタジーもグロで素敵でしたねー♪笑

ダグ・ジョーンズは3Dアニメのような体型ですよね。←しつこい?

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする
パンズ・ラビリンス・・・・・評価額1750円
  • パンズ・ラビリンス・・・・・評価額1750円
  • URL
  • 2007/10/10(Wed) 21:33
うわぁ・・・想像していたのと全然違う。 予告編の印象から、ちょっとダークな「不思議な国のアリス」、あるいはアニメ好きの ギレルモ・デル・トロならスペイン版の「千と千尋の神隠し」的な物を想像していた。 そして
パンズ・ラビリンス−(映画:2007年115本目)−
  • パンズ・ラビリンス−(映画:2007年115本目)−
  • URL
  • 2007/10/10(Wed) 22:24
監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、ダグ・ジョーンズ、アリアドナ・ヒル、アレックス・アングロ 評価:89点 公式サイト (ネタバレあります) 第79回アカデミー賞ではアカデミー撮影賞、アカデミー美術賞....
パンズ・ラビリンス 90点(100点満点中)
  • パンズ・ラビリンス 90点(100点満点中)
  • URL
  • 2007/10/15(Mon) 21:43
王女だなんてパンパパン 信じはしないわパンパパン♪ 公式サイト 『ブレイド2』『ヘルボーイ』など、ダーク系アメコミ映画を手がけてきたギレルモ・デル・トロ監督の、戦時下のスペインを舞台とした最新作。 予告編やCMなどの印象では、戦乱の時代に少女が魔法の世界....
パンズ・ラビリンス
  • パンズ・ラビリンス
  • URL
  • 2007/10/15(Mon) 22:36
哀しみと希望が交差するダークファンタジー。
『パンズ・ラビリンス』本来童話とは現実の残酷さを教えるもの
  • 『パンズ・ラビリンス』本来童話とは現実の残酷さを教えるもの
  • URL
  • 2007/10/15(Mon) 23:31
いろんな世代、体験次第で見方が変わる傑作。誰かにとっては道を左右するほどの傑作、誰かにとってはお金のムダになるすごい作品。
パンズ・ラビリンス
  • パンズ・ラビリンス
  • URL
  • 2007/10/17(Wed) 20:15
2006年度私的ナンバー1映画だった「トゥモロー・ワールド」 の凄まじい撮影、アカデミー賞撮影賞取らなきゃウソだろーって 思ってましたが、見事に逃して賞を持っていったのがこの作品。 いったいどんな凄い映画なんだろ?って心待ちに待つこと半年・・長い!...
パンズ・ラビリンス 観てきました。
  • パンズ・ラビリンス 観てきました。
  • URL
  • 2007/10/18(Thu) 01:48
 風邪を引いてしまい、風邪薬を飲みながらパンズ・ラビリンスを観てきました。風邪と薬の影響もあってだいぶ眠かったんですが。
パンズ・ラビリンス
  • パンズ・ラビリンス
  • URL
  • 2007/10/20(Sat) 03:23
パンズ・ラビリンス を観てきた。 ? 結局、あの結末を、どの視点で見るかということなんだと思う。 ? メルセデスたち「大人」の側から見れば、オフェリアは悲惨な運命をたどる不幸な少女だけど、オフェリアの側にしてみれば、決してそうではないわけで。 ? それを逃避
映画「パンズ・ラビリンス」
  • 映画「パンズ・ラビリンス」
  • URL
  • 2007/10/29(Mon) 00:30
原題:Pan's Labyrinth この映画での"PG-12"の意味は、成人保護者同伴で小学生を映画館に連れて行って、是非観せてあげてくださいという意味に違いない・・教育指導的お伽噺・・ オフェリア(イバナ・バケロ)は、身重の母カルメン(アリアドナ・ヒル)に連れられ
★「パンズ・ラビリンス」
  • ★「パンズ・ラビリンス」
  • URL
  • 2007/11/04(Sun) 03:28
今週の週末レイトショウは、オスカー3部門受賞の話題作。 といっても、撮影賞・美術賞・メイクアップ賞ですが。 ともかく、予告編見る限りは、ダーークなファンタジーな感じがプンプン。
『パンズ・ラビリンス』この映画を見て!
  • 『パンズ・ラビリンス』この映画を見て!
  • URL
  • 2007/12/02(Sun) 23:31
第189回『パンズ・ラビリンス』  今回紹介する作品は今年公開された映画の中で私が一番お薦めの映画『パンズ・ラビリンス』です。 本作品は1944年のスペイン内戦下を舞台に過酷な現実を生き抜くために架空の世界に身を置く少女の姿をシビアかつファンタジックに描いていきます。監督は『ヘルボーイ』や『ミミック』等のダークな世界観
映画レビュー「パンズ・ラビリンス」
  • 映画レビュー「パンズ・ラビリンス」
  • URL
  • 2007/12/04(Tue) 15:48
◆プチレビュー◆現実と妄想が美しくも残酷に交錯する。どぎつくて甘美なビジュアルで描くダーク・ファンタジーの傑作。【85点】1944年のスペイン。内戦で父を亡くしたオフェリアは、冷酷な義父のビダル大尉から逃れるため、屋敷の近くの謎の迷宮に足を踏み入れる。そこで....
★ 『パンズ・ラビリンス』
  • ★ 『パンズ・ラビリンス』
  • URL
  • 2007/12/04(Tue) 15:54
2006年。スペイン。"EL LABERINTO DEL FAUNO". ギレルモ・デル・トロ監督。  監督はスペイン人だと思ったらメキシコ出身だったが、『ドン・キホーテ』を生んだ
パンズ・ラビリンス
  • パンズ・ラビリンス
  • URL
  • 2007/12/04(Tue) 18:29
パンズ・ラビリンス(2006 メキシコ・スペイン・アメリカ) 原題   EL LABERINTO DEL FAUNO    監督   ギレルモ・デル・トロ   脚本   ギレルモ・デル・トロ       撮影   ギレルモ・ナヴァロ                   音楽   ハビエル・ナバレテ                出演   イバナ・バケロ セルジ・ロペス マリベル・ベルドゥ       ダグ・ジョーンズ アリアドナ・ヒル 「人には誰でも物語が必要なんです」 ある著名...
パンズ・ラビリンス
  • パンズ・ラビリンス
  • URL
  • 2007/12/05(Wed) 02:41
ある番組で「10年に一度の映画だ!」とベタぼめしていて、 あと「この結末は誰にも予想できない!」とかの触れ込みで 気になって、気になって。。。 全く私は、思う壺型の人間だな。( ^ _ ^; これから年末に向けてちょっと忙しくなりそうで これを逃すとビデオになってしまう、
パンズ・ラビリンス 2007年10月6日公開
  • パンズ・ラビリンス 2007年10月6日公開
  • URL
  • 2007/12/08(Sat) 23:22
カテゴリに入れるならホラー、しかしホラーでない? ダーク・ファンタジーと銘打たれた「パンズ・ラビリンス」作品概要については公式及びwikiを参照してください。多くの賞を取ってい...
パンズ・ラビリンス
  • パンズ・ラビリンス
  • URL
  • 2007/12/27(Thu) 21:40
12月24日(月) 21:15~ シネカノン有楽町1丁目 料金:1300円(会員料金) パンフ:800円 『パンズ・ラビリンス』公式サイト 少女が主演であるのだが、極めてダークなファンタジー。如何にもヨーロッパな雰囲気の映画だ。監督はメキシコ人だけど。 スペイン軍事政権の頃の話で、軍とゲリラの戦いとファンタジーが絡みつつ進行する重苦しい作品なので、子供には向かないので注意されたい。特に、継父の軍尉は、残虐なおっさんなので見るに耐えないと思うぞ。クリエーチャーは、気色悪いし。 最後は、ナ...
パンズ・ラビリンス■悪意に満ちたダーク・ファンタジー
  • パンズ・ラビリンス■悪意に満ちたダーク・ファンタジー
  • URL
  • 2008/01/08(Tue) 00:29
「美少女とスペイン戦争」といえば神秘的なまでに優れた作品になるようだ。「パンズ・ラビリンス」を見ながら思い出したのは「ミツバチのささやき」だ。主人公の美少女をめぐる現実ともうひとつの世界。どちらもスペイン戦争がフランコの勝利に終った後の時代。もうひとつ...
パンズ・ラビリンス
  • パンズ・ラビリンス
  • URL
  • 2008/01/25(Fri) 03:39
ある番組で「10年に一度の映画だ!」とベタぼめしていて、 あと「この結末は誰にも予想できない!」とかの触れ込みで 気になって、気になって。。。 全く私は、思う壺型の人間だな。( ^ _ ^; これから年末に向けてちょっと忙しくなりそうで これを逃すとビデオになってしまう、
『パンズ・ラビリンス』
  • 『パンズ・ラビリンス』
  • URL
  • 2008/05/31(Sat) 02:59
これはホントに見たかった! 見逃していたのでDVDにて鑑賞。これは映画館で見たかった・・・(涙) 「1944年フランコ独裁政権下のスペイン。父を亡くしたオフェリアは、身重の母と共に継父ビダル大尉の元へ向かう。息子の誕生にしか興味のない大尉との辛い日々の中、オフェ...
『パンズ・ラビリンス』'06・メキシコ・西・米
  • 『パンズ・ラビリンス』'06・メキシコ・西・米
  • URL
  • 2008/06/18(Wed) 11:11
あらすじ1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したビダル大尉の駐屯地だった。体調の思わしくない母を労りながらも、冷酷な義父にどうしても馴染めないでいた彼女の前に妖精が...
『パンズ・ラビリンス』
  • 『パンズ・ラビリンス』
  • URL
  • 2008/10/17(Fri) 13:03
熱で寝込んでいながらも、だいぶ調子が戻ってきて家にいるだけではつまらないので、DVD観始めました。 体調悪い時に選ぶタイトルではないね、これはw。 ******************** 「ブレイド2」「ヘルボーイ」のギレルモ・デル・トロ監督が「デビルズ・バックボーン」に続い
供犠・王女
  • 供犠・王女
  • URL
  • 2009/07/13(Mon) 15:32
ギレルモ・デル・トロ監督作品「パンズ・ラビリンス」を観た。本作は同じ監督作品「デビルズ・バックボーン」の時代背景に連なることから、同作の姉妹篇と云われているようだ。私自身は「デビルズ・バックボーン」を観ていないので、それについて云々できないが、「ヘルボーイ」はウキャキャキャホホーイと笑いながら観た。
『パンズ・ラビリンス』を観たぞ〜!
  • 『パンズ・ラビリンス』を観たぞ〜!
  • URL
  • 2009/08/09(Sun) 22:34
『パンズ・ラビリンス』を観ました1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジーです>>『パンズ・ラビリンス』関連原題: ELLABERINTODELFAUNO    PAN'SLABYRINTHジャンル: ファンタジー/ドラマ/...
パンズ・ラビリンス
  • パンズ・ラビリンス
  • URL
  • 2010/12/01(Wed) 00:10
パンズ・ラビリンス / EL LABERINTO DEL FAUNO              PAN'S LABYRINTH 独裁政権下のスペイン。御伽噺が好きな少女オフェリアの前に牧神パンが現れる。 パンによるとオフェリ...

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]