忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

映画『ノートルダムの鐘』


ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘


ここでも再三にわたって取り上げている

『ノートルダム・ド・パリ』および

ゴシック文化周辺ですが、





やっとここまで来ました。







ディッズニー。







「僕らの夢」イデオロギーの極右大国!







破滅と混沌の物語である

『ノートルダム・ド・パリ』をッッ





「人生を前向きに生きよう」

という激ポジな映画に変えやがったッッッ!!!!!







さすが、世界の「かわいい」資本を

牛耳っているだけあるぜ……デズニー……。


拍手[0回]







開始15分で、原作とは全く別物だと

考えたほうがいいと察しました。



梶本が好青年すぎます。

ふつうあんな育ち方したら

もっと社会性薄くて性悪になる



劇団四季の俳優陣を

吹き替え版の声優に起用するという

気合の入りっぷりでしたが、

歌の分量が多すぎていささか

   う  る  さ  い



エスメラルダが正義感強すぎる。

梶本を見たらもっとビビるだろ!



さんざん原作を裏切っておいて、

処刑されかけていたエスメラルダをかくまう

ノートルダムでの攻防だけ原作に忠実で、

虫が好いと思いました。



いちばんまばゆかったのは

フロロが自らの欲望に引き裂かれそうに

なっているところだったと思う








やれやれ。

我ながらよく最後まで見れたと思います。







ちなみに「2」は

「夢は必ず叶う」がテーマらしいですよ。

予告だけで萎えた。







ノートルダムの鐘II
ノートルダムの鐘II

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]