忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

映画『グッバイ、レーニン!』

グッバイ、レーニン!
グッバイ、レーニン!

「経た」時代だからこそ作れる、
思想や政治体制である以前に
「思い出」「理想」としての
「社会主義」。

激動の80年代末のドイツを舞台に繰り広げられるコメディドラマ。心臓発作による昏睡状態にあったため、ベルリンの壁崩壊、東西ドイツ統一の事実を知らない社会主義者の母親。ショックを与えることが命取りになることから、息子は事実を隠そうとする。


「車を注文してから
 出来上がるまでに3年かかる」

とか、東ドイツ時代の
聞きしに勝る
ジョークのような実情が
織り込まれる一方、
自由化が始まって
職を失った年配の
ご近所さんたちの声が
「西側化」の暗部を
さりげなく語ります。

東ドイツ時代のように「陳情書」を
代筆しに来る近所のおばちゃんが、
「昔みたいで懐かしいわ」
と言うシーン。
「大いなる実験の失敗」である歴史も、
彼女ら・彼らにとっては
「思い出の時代」だったということを
思い起こさせられました。

ラストの、でっちあげた
東ドイツ風ニュース番組で
「新書記長」によって
なされるスピーチは、
思想とか飛び越して感動モノ。

主人公のアレックスと一緒に
イカサマニュースを作ってくれた
映画マニアの彼が、何気に好きです。
ハンサムだし、直接会ったことのない
主人公の母親の葬儀に出席してるのも、
じんわり来た。

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]