忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『嫌われ松子の一生』






まず、キャストがすごい。

主演:中谷美紀 ってだけで食いついたけど、片っ端からスゴかった!

やっぱり谷原章介の育ちの良さそうな雰囲気は好きだなぁ とか、

クドカン、自身も演技上手いなぁ とか、

悔しいけれどやっぱり伊勢谷勇介はかっこいいなぁ とか。

あとツボだったのは黒沢あすか!!

あの「ペロペロッは真似したい・笑。



エンターテインメント映画としての価値も高い。

特に前半は、コミカルな演出に終始。

ミュージカルが違和感ないのも、その演出の妙です。

挿入歌もイイ!

BONNIE PINKの『LOVE IS BUBBLE』とAIの『What is Life』。

買いそうになっちゃった。


とはいえ、後半……松子が転落していくにつれて、映画も陰鬱ムードに……。

緩急利いた、飽きない・疲れない編集・演出でしたね。

一本とられました。ハイ。

ちゃーんと、泣かせドコロもありますしね……!



男の子は理解不能かもしれないけれど、 女の子なら多かれ少なかれ共感できるはず。

そこんとこ『アメリ』に似てるかも。

主人公も夢みがちだし、映像も極彩色だし。

アンハッピー版アメリ。

ただ、「(うざがられるほど)愛する」ということができて、(むしろそれが天分の才能で、)かつ、それを成し遂げて生きられた人生が不幸せだったとは、にわかには言いがたい。

「名作」にはなりにくいけれど、 「人生」「幸せ」を考えようとしたとき、 思い出されそうな映画でした。



拍手[0回]

読みそびれた原作。



嫌われ松子の一生 (上)
嫌われ松子の一生 (上)



嫌われ松子の一生 (下)
嫌われ松子の一生 (下)



ほしくなったサントラ。

嫌われ松子の歌たち
嫌われ松子の歌たち

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]