忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『乱歩地獄』


乱歩地獄 デラックス版
乱歩地獄 デラックス版



『東京ゾンビ』と二本立てだったコチラ。

公開時、渋谷駅で散々広告見て

「観たい〜 観たい〜」

と思い詰めていたのに、気づいたら公開終わってた、っていう……。

早稲田松竹には、ホント感謝させられることしきりです……



内容は期待通りのアングラ! エログロ! サブカル!

やぁっぱミニシアター系はこうでなくっちゃね!!

つぅか、あまりのアングラ加減にこの私がズツウ催しました……。

映画でこんだけ気分悪くなったの、『SAW』か『憂国』以来かもしんない……。



江戸川乱歩の「火星の運河」「鏡地獄」「芋虫」「蟲」4作品を映像化した、オムニバスです。


拍手[0回]

 【火星の運河】

なにごと!? って疑問を感じた途端に終わってた。

非常に短い、けれど狂気と知性が張り詰めている作品。

オムニバスの序章にふさわしかったと思います。



 【鏡地獄】

成宮寛貴演じる鏡職人が、鏡に魅入られ狂気に陥り、女性たちを殺害していく……というサスペンス仕立て。

それを浅野忠信演じる明智小五郎が推理していくのです。

実は4作の中でいちばん原作から逸れているんだけれど、いちばん江戸川乱歩っぽく見えるストーリー。

全編に渡って鏡を利用した画面作りになっているのが印象的。

オモシロい構図考えるなぁ、と……。

あと、友情出演でチラッと出る市川実日子がイロっぽい!!



 【芋虫】

『鏡地獄』もなかなかヒドい濡れ場があるのですが、これはそれ以上だった。。

戦争で四肢を失い芋虫のようになった夫に、妻が猟奇的で残虐な性欲を抱くようになる……みたいなお話なのですけどね。

エロって泥沼のように深い……と、久しぶりに感じました、、、。



 【蟲】

テンポの良さがコミック的だなぁ、と思ったら、やっぱり『BAMBi』の作者が監督だった。

役者・浅野忠信の真骨頂って感じ。ホント絶妙な表情出します。

緒川たまきもナイスキャスティングだったなぁ……あの人、あんなに大正ロマン顔してたっけ?

ストーリーのあまりのグロテスクさに、一緒に行った友だちと「監督独自の解釈に基づいてるんだろうね」みたいに話してたら、実はこれがいちばん原作に忠実だったorz





原作。帰りにビレバンで立ち読みした。



心理試験
心理試験

『芋虫』はこちらに収録。



屋根裏の散歩者
屋根裏の散歩者


あとの3作はこちらに収録。



バンビ (1)
バンビ (1)



カネコアツシ氏の本業。

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]