忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『ベルリン・天使の詩』


ベルリン・天使の詩
ベルリン・天使の詩


映画にしか出来ないワザを余すところ無く使ったような映画。

しかも、いいシブ味醸してます。



舞台は「壁の崩壊」前、1980年代半ばのベルリン。

永遠の時間を生きる、天使・ダミエルが主人公。

彼は人間の、「不完全さ」ゆえに生じる歓び・触覚などに憧れを抱いています。

やがて人間の女性・マリオンに恋もします。

それが云わば契機となり、「流れに身を置き」、自身も人間の肉体を手に入れるのです。

そして夜の街でマリオンを見付けだし、2人は結ばれます。



ストーリーとすればそれだけなんですけれど、映像とか、それを通して語られる哲学性が、すごい。



天使の目に見える世界はモノクローム、という設定なんですよ。

ですけれど、ダミエルがマリオンに出会った最初の瞬間だけ、画面がフルカラーになるのです。

そして、ダミエルが人間になった後は、ずっと。

ダミエルの仲間の天使・カシエルも地上を傍観しているのですが、彼の視界は変わらずモノクロームなのですね。

だから、その場面の「視線の主」、小説で言うところの「一人称」が誰なのかが、映像だけでわかるようになっているんです。

フルカラーになった画面の(ひいては世界の)美しさを引き立てる効果にもなっています。



脚本も上手かった!


拍手[0回]

台詞は必要最低限なんです。

ほとんど映像に語らせる。

(特に、ダミエルが人間になってしまった後のカシエルの表情は絶妙!)

ただ、ホメロスという「語りの天使」が登場するんです。

彼が、天使と人間とで異なる「時間」「歴史」といった概念についての難解な詩を詠じるんです。

それが映画の重厚さをグッと増しているんですね。



スペシャルゲスト・刑事コロンボも良かったぁ・笑。

ちゃんとピーター・フォーク本人が演じてるんですよ!!

彼も、人間として生きることを選んだ元・天使だ、という設定なのです。



しかし、コレ。

いちお、「人間讃歌」「人生讃歌」の物語ではあるけれど、有り体に言えば「堕天使」の話じゃんねぇ。

よかったんか、キリスト教圏で上映して。

ドイツだからか……?

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]