忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『アリスが落ちた穴の中』プレミエレポート(2/4 作品)

長いので4分割してます。
1/4 上映前
2/4 作品
3/4 感想
4/4 上映後



作品は、ロウズ姫とギグルス王子が庭園で
甘やかに語らい合うシーンから始まる。
繰り広げられるエレガント・ゴシックな世界。

登場人物の音声は入らず、BGMと字幕で
会話の内容や雰囲気が描写されるサイレント映画の形式。
字幕に流される台詞は美文調。

「あちらの世界」の様子をギグルスに尋ねるロウズ。
「あちらの世界」=19世紀末、ヴィクトリア朝時代の
イギリスの様子を姫に説明するギグルス。

「あちらの世界」に興味を持つロウズに、
ギグルスは自分の能力で「あちらの世界」の未来を見せる。
挿入される戦争(世界大戦?)の記録映像。
ロウズはその醜さ・残虐さに嘆き悲しみ、
自らの眼球をえぐってしまう。

場面は地上の世界、人間の住む世界へ。
マメ山田氏演じるアリスの後ろ姿。
アリスは白兎を追って穴に落ちる。
(ここで、清水真里さんの人形が
アニメーションで使用される。)


白兎が入っていったのは、ロウズたちの城。
鍵穴から中の様子を覗き込むアリス。
ロウズ、ギグルス、閣下たち
「地底の住人」が勢ぞろいしている。

彼らはアリスの臭いに気づき、
ドアの影からアリスを引きずり出す。
醜く愚かで、ロウズが眼球をえぐる原因を作った「人間」。
(この辺りで挿入される、ヴィクトリア朝時代の
イラストレーションをコラージュして作成された
アニメーションが非常に秀逸。
早稲田松竹の「上映前の注意」の凄いバージョン。)


ギグルスは憎悪を叫ぶと共に、
人間たちの「夢」を食べて生きる自分たちは
人間なしでは生きられないというパラドックスを明かす。

アリスに興味を持ったロウズは、
自分たちの住む世界のことを説明する。
ここは永遠の午後3時、永遠に続くお茶会の幸福な時間。

アリスはロウズこそが、自分が探していた相手、
自分を永遠に愛し、大切にしてくれる相手だと考える。
地上でのアリスは孤独だ。
すでに老女でありながら、いつまで経っても少女の身体。
ずっと昔から、様々な家をたらい回しにされている。
アリスは自分を見つめつづけ、忘れないでくれる相手を求めていた。

アリスの望みに応えるため、アリスの魔法で視力を回復するロウズ。
アリスの愛らしい姿をその目で見、ロウズはアリスに永遠の愛を約束し、
地底の新たな住人として受け入れることを宣言する。
仲間が増えたこととロウズの目が戻ってきたこととを祝う、盛大なお茶会。

アリスはお礼に、ロウズたちを地上に招待する。
しかし地底での生活に馴れたロウズたちは、日の光に焼け死んでしまった。
絶叫するアリス。暗転。

場面はアリスの部屋に。
床に散らばるおもちゃと、アリス自身にそっくりの人形。
アリスは何も印刷されていない、真っ白な絵本をめくりながら
「夢がなければ、生きてはいけない……」
とつぶやく。
すべてはアリスの描いた夢であり、
ギグルスの言葉はアリス自身の言葉だったのだ。
音声も、ここでだけ俳優の肉声が使われている。

3/4 感想 につづく

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]