忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『2週間のアバンチュール』中村明日美子

2週間のアバンチュール (Fx COMICS)
2週間のアバンチュール (Fx COMICS)


私の中で中村明日美子=『Jの総て』っていうイメージで、
「絵柄が楠本まきのパクりっぽいし、しかもほもか~……」
というかんじで「食わず嫌い」していたのですが、

「女子nicomi」で★福田里香がけっこういい感じに絶賛していて、
「そうか、悪くないのかぁ」
と思って、「試食」してみた。

《結果》

読まないできて損した……(´・ω・)



短篇集……なんですけれども、やっぱり印象に残るのは

拍手[1回]

表題作『2週間のアバンチュール』

印象に残るというか、他人事とは思えないというか。

主人公・アンジェの顔が私に似ています。
かわいそうに、アンジェ=天使という名前を持ちながら
こんなにいぢわるそうな顔で、ほんとうにいぢわるく育って(笑)。
「かわいくない」顔の少女が、いかにして内面も
「かわいくなく」なっていくかが、ちゃんと描かれてる。

対する「かわいい」少女の傍若無人さ、ルックスがいい人の無自覚な、
ある種の残酷さっていうのも、キッチリ描かれている。

よく人を見ているなぁ、と思う。
そういうところ、キッチリ見ちゃう
生きづらい人なんだろうなぁ、とか(笑)。



そしてアンジェの内外の「ぶさいくさ」が、
むかついたりかわいそくなったりしないのがスゴい。

「かわいい」子たちに、「報復」するんです。
自ら「裁き」を下すんです、アンジェが。

それが、非倫理的かもだけど、聡明で小気味よい。
ダークな「ニヤリ」があとを引きます。

中村明日美子さん、貴女も私たちみたいな、
「アンジェ的精神」の少女だったんですか……? って。



竹宮恵子を21世紀的画風にした感じ、かもしれないと思った。

Jの総て (1) (F×COMICS)
Jの総て (1) (F×COMICS)

コペルニクスの呼吸 (1) (F×COMICS)
コペルニクスの呼吸 (1) (F×COMICS)

鶏肉倶楽部 (F×COMICS)
鶏肉倶楽部 (F×COMICS)
PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]