忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『耽美生活百科』楠本まき


耽美生活百科
耽美生活百科


なんか知らないけど、まぁ多分ホルモンバランスの兼ね合いなんだけど、
(ん? バランス=兼ね合い? 同義語重複??)
ここ3日くらい、耽美ボルテージがまた上がっています。

(今月の前半は、機能性重視っていうか、私にしては現実に目を向けていた。気まぐれなもんだ。)

そんなノリもありつつ、発売当時=高校生のときから買わな買わな〜、と思っていた此方を、ようやっと購入。

思えば長い道だった。

だって字、細かすぎるんだもん……。



でも読み始めると、案ずるより産むが易し、サックサク読んで、ニヤニヤできました。

考えてみれば中学時代に紫崎感性の基礎を築いた楠本まき。

合わないはずが無いんだよ。



「耽美漫画家」と呼び声の高い楠本まきが、あいうえお50音順に耽美系ワードをテーマとして設定し、それについてイラスト&文章を綴るという、彼女には珍しいエッセイまんが。

必ずしも、パーフェクト耽美&デカダンって訳じゃなく、それをひとつの「趣味」「嗜好」として、バランスよく、すなわち美しく過ごしている生活姿勢が窺えます。

愛くるしいお人柄でいらっしゃるよね。ギャグ絵とか手書きの字とか、かわいいし。



読んで思ったこと……

この人、本当にB型だ……。

こだわりを持って書かれている所と、ない所の差が激しすぎる。

「50音順」て制限しないで、思いつくお題を、思いつくままに書いていってもらえば良かったんじゃあるまいか

まぁ、このblogも「B型っぽい」って言われたこと、あるんだけどね♪



さりとてやはり楠本まき、こだわって描いてあるパートはどれも美麗で一見に値します。

「怠惰」「蟲」なんかは短編のような味わいですし、「漫画」「Works」などは、他では語られてこなかった、彼女の創作姿勢を知ることができます。


拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]