忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『猟奇刑事マルサイ』大越孝太郎

猟奇刑事マルサイ
猟奇刑事マルサイ


人目をはばからずに言えば、
エロとかグロとか猟奇とかって癒しなんだよな。

特にこの人とか★沙村 広明の絵って、
確かにグロいしえげつないし激しいものを
描いてはいるんだけど、タッチが静謐で
なんだか「しん」、とした気分になってしまう。


出版社/著者からの内容紹介
インターネットによってもはや公然と行われている
変態性欲者たちの情報交換。援交、レイプ、
スワッピングパーティーからSM嗜好の調査依頼まで、
なかには凶悪犯罪につながりかねない怪しげな連中も少なくない。
当局ではこれらの状況を憂慮し、
猟奇的異常犯罪の特別捜査班を設定した。
猟奇事件特別捜査課----「マルサイ」の誕生である。

出版社からのコメント
著者4年ぶり待望の新刊コミックス! 
拉致・監禁・SM・ラブドール・カニバリズム・
復讐・人間椅子・生前葬儀・ゴミ屋敷......
奇才・大越孝太郎が描く猟奇的欲望の事件ファイル!!
「この本をワクワクしながら読みおおせたあなた、
 あなたは人として立派に倒錯しています。」
 (和嶋慎治/人間椅子...推薦文)

ありがちな「連続猟奇殺人」はない。
もっと「不可解」で「理解しがたい」事件が、
犯人の心理を「理解」できるように描かれる。

捜査サイドよりも、犯人側の描写の方が多く、
犯人たちの「狂気」に共感できやすい。
女性が犯人、という話が結構あるのもポイント高い。

なんだろうね、こういう作品に接すると
自分の中の狂気的なものを
具体化して客観視できるように
させてもらってるみたいで、
私はすごく落ち着く。落ち着くんだよな。


ただ、ジャンルはちゃんとバラけてるのに
共通してSM描写(女性M)が多すぎ。
好きなんだなー(笑)、と思った。

拍手[1回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]