忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『恋愛譚』楠本まき


皆様、楠本まき作品のお目見えですよ。


恋愛譚
恋愛譚





これ、立ち読みはしてあったんですよね。

ただ、当時は今よりお金が無いようなレヴェルで、敢え無く看過したのですけれども。

えぇ、この度ご縁がありまして。



運命の恋人であるはずなのに、すれ違い、互いに気づかないばかりで出会うことの無い少女・新月と少年・猫目丸。

巻末の章で2人が運命の恋人であるにも拘らず、出会わなかった理由が語られ……そして、2人は出会わないままこの本は(そして恐らく世界は)終わります。



これは、楠本作品の中でも「恋愛」というものがラジカルに語られていて好き。

既成の「恋愛」という概念に囚われていない、強い言葉を使えば所謂「恋愛」を冒涜する「恋愛」譚。

なぜ新月と猫目丸の相性が良いかって、新月は「愛玩されるのが好きで、哀願されるのも好き」、猫目丸は「愛玩するのが好きで、哀願するのも悪くないと思っている」からなんですね。

新月は人格なんか認めてほしくないと思ってるし、猫目丸は人格なんか認めるつもりはない。

そんな2人の物語に『恋愛譚』と題するアイロニーっぷり。

楠本まき、恐るべしですよ。

あと、巻末章、種明かしの頁で繰り広げられる、「雪白」「灰かぶり」「赤頭巾」らのスレた会話が絶妙。



 「あなたこそ王子様は関係ないんじゃないの 赤頭巾。」

 「あんたの目的は狼に喰われりゃ達成なんでしょ?」


 「ええまあね」

 「私は肉欲担当だから。」




何が怖いって、幻想的な全編の中で、巻末のその会話だけがリアルな生々しさを持ってるってことだよ……女の子って怖ぁい・笑。

拍手[2回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]