忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

『レッド 1』山本直樹

レッド 1 (1) (KCデラックス)
レッド 1 (1) (KCデラックス)

元々
「70年代学生運動の敗退を見た世代の
 ニヒリズムを反映した作風を持つ漫画家」
としての
山本直樹に興味があったから、
いよいよ描いてくれたか、
という気分。

『デマコーヴァ(『ラフ&レディ』に収録)』での
「美少女カニバリズム」とか、
山本直樹は人を人とも思わない
描き方をするえろまんが家で、
本人もコマのすみっこやあとがきで
「しどい(ひどい)まんが」と
自己申告してたりするんですよね。

んで、たぶん
『エロマンガ・スタディーズ』
だったと思うんですけど、
学生運動失敗を見たゆえの虚脱感が
男も女も人格を無視される、
この作風に反映されてる
みたいな論評があったんですよ。


んで、この作品。

なんか●●●山荘事件の
犯人とかガチで出てきてて、さながら
ドキュメンタリーまんがの様相。

全国数箇所で同時多発的に起こる
学生運動(終息に向かっていた)を、
それぞれ追っていく形式。

私としてはこの時代のこういう動きは
「戦後日本のトラウマ」で、
なんとなく触れちゃいけないみたいに
扱われてきて、今やっと
描けるように、読めるように
なったと思っていたのですが、
どうなのでしょうか。


とりあえず山本直樹なので
読みにくいのは仕様なのですが、
読みにくい原因はたぶん
各回でキャラクターに付く
「このとき▲歳
 ●●●山荘で逮捕されるまで
 あと■■■■日」

っていうキャプション。
あと、死ぬ順番に
キャラクターに付された番号。

でも、このすべてを数字に還元する
「しどいまんが」っぷりこそが
山本直樹、なんだよなー。


キャラクターが揃いも揃って
地味
なので、見分けられず
何度も読み直した。

あと
「山本直樹らしくない」
という意見も。
「なんかジメジメしていない」
だって。
確かに、ヘドロの中を
「ずぶっ」
って進むシーンが、
いちばん「らしかった」かも。


結末を読めば虚脱感に襲われると
わかっていて読むのは、もう
虚脱感を追体験したいからなんだろうな。
今回も、いい虚しさを
期待してしまっています。

Rough & ready
Rough & ready


エロマンガ・スタディーズ―「快楽装置」としての漫画入門
エロマンガ・スタディーズ―「快楽装置」としての漫画入門

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする
[おすすめ]レッド第1巻 山本直樹
  • [おすすめ]レッド第1巻 山本直樹
  • URL
  • 2007/10/10(Wed) 17:44
1970年前後の日本の学生運動→革命運動の様子を描いた漫画。 大学を占拠したり、ヘルメットかぶってマスクして火炎瓶投げたりする人達の”ノリ”がうまく描かれています。 後に革命運動家となる学生が、バリケードス
アート系専門学校の卒業制作展に出席
  • アート系専門学校の卒業制作展に出席
  • URL
  • 2008/02/02(Sat) 01:33
いつもイラストや漫画を描いて貰っているまんが家志望の学生さんの学校の展示会に出席してきた。学生のイベントということで、それほど高度なものを期待してはいなかったのだが、良い意味で期待を裏切られた。私が仕事をお願いしている人は、ここ最近次々とコンペを勝ち...

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]