忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『シュガシュガルーン』安野モヨコ


シュガシュガルーン 1 (1)
シュガシュガルーン 1 (1)




安モヨすっげぇ!

なかよしすっげぇ!!

ついでに講談社すっげぇ!!!



魔女っ子モノの少女まんがだからと侮るなかれ。

安野モヨコが培ってきた「恋愛虎の巻」が、ぎゅぎゅっと凝縮されています。



魔界のクイーンを決める勝負をするために、2人の小さな魔女、ショコラとバニラが人間界に降りてくるってハナシなんですけどね。

その勝負っていうのが、男の子をホレさせ、彼らのハート(魔女の目には見える)を結晶化して集める。より多く集めた者が勝者……というものなんです。

もちろん「恋させる」訳ですから、そこには次から次へとドラマが……。

人間界に来るまで「恋愛」というものを知らなかったショコラが、ちょっとずつ恋の歓び・切なさを覚えていく過程が初々しいのです。

恋に素直になれないオトナこそ、このまんがを読むべき。



ストーリーも何気にドラマチックですぞ。

ショコラは自分たちを狙う「オグル」のリーダー、ピエールと惹かれあってしまうのです。

5巻のラストは、天から地上に向かって落ちながら見つめ合う2人に、

「あたしたち/落下速度と/同じ速さで/恋に落ちていく」

というネームが入って「つづく」。

うぅむ、エロい

最近『ナルニア』とか『コンスタンティン』とか、善悪二元論モノばっかだったからこういうのは新鮮ですな。

善、悪、それぞれの「ゆらぎ」を描いた作品って、あっちじゃ『STAR WARS』くらいなんじゃねぇの。


拍手[0回]

シュガシュガルーン 2 (2)
シュガシュガルーン 2 (2)




シュガシュガルーン 3 (3)
シュガシュガルーン 3 (3)




シュガシュガルーン (4)
シュガシュガルーン (4)




シュガシュガルーン (5)
シュガシュガルーン (5)

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]