忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『ゴージャス★アイリン』荒木飛呂彦

ゴージャス★アイリン (愛蔵版コミックス)
ゴージャス★アイリン (愛蔵版コミックス)

『ジョジョ』は第1部と現在とでえっらい絵柄が違う、というのはよく言われる話だけれど、
それより前の「もっと絵柄が違った時代」の作品集(`・ω・´)

『魔少年ビーティー』(パイロット版)なんかは、手塚治虫とか、
トキワ荘時代の「日本の少年マンガ」なかんじ。

だけれど「ウジュルウジュル」(何かが蠢く音)とか
「バアァ~ン!」みたいな登場音とかはすでに「荒木」で
読んでいてえっらい盛り上がったwwwwwww



あとは物語の作り方か。

「サスペンス」を基本にしている。
これは「読ませる」ための技法。

密室(状態)での対決シーンとか『ジョジョ』にも結構あるけれど、
それは荒木先生が考え抜いて導き出した「読ませるメソッド」なのだとわかる。
実際スリリングで面白いしね。

そういう、荒木先生の「頭で描いてる」感じ、理知的な部分と、
「まんがが好き!」「描きたい!!」っていうアツい想いとが味わえる作品集。



ジョジョは「真っすぐ」な主人公たちが織り成す「人間賛歌」だけれど、
これに収録されている初期作品には「人間の闇」みたいなテーマに
終始しているのもあって、ちょっと手塚治虫の青年マンガ的な「暗さ」も楽しめます。

拍手[0回]



ゴージャス・アイリン (ジャンプスーパーコミックス)
ゴージャス・アイリン (ジャンプスーパーコミックス)

魔少年ビーティー (集英社文庫―コミック版)
魔少年ビーティー (集英社文庫―コミック版)

バオー来訪者 (集英社文庫―コミック版)
バオー来訪者 (集英社文庫―コミック版)

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]