忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『いじめてくん』吉田戦車


いじめてくん
いじめてくん




私としたことが、そういえば吉田戦車の話をしたことがなかったんじゃないかと不安に駆られて記事にしてみる。

吉田戦車といえばやっぱ『伝染るんです』かな? ってところもあるけど、私としてはむしろこちらをおすすめしたい。



いじめてくんは、軍事目的で開発された爆弾。

顔・表情・声・しぐさ・行動のすべてが人のいじめごころを誘うよう計算して作られていて、いじめてくんを見た人は思わず彼をいじめたくなります。

ところがいじめてくんに手を出したが最期、いじめてくんは爆発するのです。



……って、設定書いただけでなんかアレだなぁ。

さすが吉田戦車。



と言いつつ、シュールさばかりが印象的な吉田戦車の作品の中で、『いじめてくん』は読んでいて心温まる作品です。

これはどうも、作品の成り立ちが異質だかららしい。

吉田戦車自身による序文を読むと、最初、吉田戦車はこのいじめてくんというキャラクターが嫌いだったそうなのです。

ですが、連載を続ける上でいじめてくんを好きになる必要に迫られ、いじめてくんを好きになれるように、いじめてくんを成長・自立させることにしたそうです。

その言葉どおり、回を追うごとにいじめてくんは経験を積み、自分の意見をはっきり持ち、言い表せるようになります。

最後にいじめてくんを作った大佐との関係が温かなものになったのを確認し、このまんがは終わります。

このように、吉田戦車の情の深さと言いますか、キャラクターへの思い入れがストーリーの形をとって現れている、ステキなまんがです。



しかしそこはそれ、かの吉田戦車ですから。

単純に爆笑するにも良し、です☆

拍手[0回]

伝染(うつ)るんです。 (1)
伝染(うつ)るんです。 (1)

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]