忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

泉鏡花ー。

皆びとにおいては三箇日が最終日、一月三日、如何過ごしけん。

何らも気に留めず稼ぎける村崎式子なるかな。

本をば読める類の仕事なれば、『日本語はいかにつくられたか?』読み終えつ。

古文をば教うる際の話の種にせんとぞする魂胆露骨なり。

されどかようの目的なければかようなる本読まじ。

拍手[0回]

前置きの長くなりたるが、そが書の後書きに泉鏡花『勺薬の花』よりの引用ありき。

すさまじきまでに甘美なる文体にして、我が心うち震えき。

思い立ちたるが吉日と、帰途において某古書店に立ち寄り、角川の出したる『高野聖』買いき。

只今「義血侠血」読み果てつ。

あなや、恍惚と官能の文学なるを読むや!



以上、浪漫主義的文語体のパクリでした。

疲れたのでここからは言文一致体で行きます。

漱石先生ありがとう。



いゃー、すごいわ、泉鏡花。

濡れ場描いてるわけでもないのに文体がヘンになまめかしい。

文体が流麗で華やか。

でね、地の文は文語体なのに、人物の台詞は口語体なの。

その併用がまた、それぞれの良さを際立たせてて、良いんですよねぇ。

リズムの良さは古文譲りだろうな。

アマゾンのレビューにも似たようなこと書いてあったけど、「声に出して読みたい日本語」ですね。

講談聞いてる気分でガーッて一気に読み通しちゃいましたよ。

翻訳された戯曲に近い調子があるかも。

『サロメ』思い出した。



ストーリーは陳腐ですがね。

森鴎外の『舞姫』もストーリー自体はアレな感じだったしねぇ。

これが浪漫主義ってやつなのかしらん。

いやしかしそれを補って余りある文体の美しさ。

文章が(そこに描かれているものの力を借りることなく)それ自体で美しく在るっていう状態、久しぶりに拝んだ気がするわ。

やっぱ文豪? 大物? は違いますねぇ。

時の洗礼を受けて猶生き延びる「名作」の強さ。

感服です。

漱石や芥川も面倒がらずもうちょっと読もう。

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]