忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

『魔羅節』岩井志麻子


魔羅節
魔羅節



入りは『自由恋愛』だったんだな。

今思えば、本領じゃなかったんだね。

んで次が『ぼっけぇ恋愛道』ってエッセイで、だんだん「なんだ、こういう人なんじゃんw」って気になってくる。

『ぼっけぇ、きょうてぇ』は先に映画を観て、その後立ち読み。

夢うつつで、夢もうつつも悪夢という感触。

そしてこの『魔羅節』。

やばいね、来たね来ちゃったね

何がどこにて、私がここまで



8篇から成る短篇集。

表題作以外にも「おめこ電球」「金玉娘」と、破廉恥(カタカナじゃなくて漢字)な文字が並ぶ。

言うまでもなく、すべて性に関するもの。

しかし内容は決して滑稽でなく、むしろホラー。

生臭くて、うすら寒い。

どの物語も、性に関わる一方、必ず死にも関わっている。

性はわかりやすくは肯定されていない。

「きょうてぇ=恐ろしい」もの、しかし興味を惹かれてしまうもの、業のように(あるいは死のように)逃れがたいものとして描かれている。

「淫売監獄」に出てくる男根の描写が、この本の雰囲気そのものだと思ったので載せておこう。

「固いのに柔らかく、熱いのにひんやりしていて、恐ろしく血の気に満ちているのに死肉だ。」



扱われている内容が生臭いだけでなく、実際生臭さの描写が多い。

それは死体の臭いであったり、女陰の臭いだったり、いろいろだが。

「打ち上げられて死んだ魚の臭いは、自分の腰巻きの下からも臭う。」(「きちがい日和」)

「ねっとりと粘るような色気、腐った果実の臭い、蜜が滴るほどの艶っぽさの気配を感じた。」(「金玉娘」)



加えて、「おめこ電球」「金玉娘」「支那艶情」は、「ぼっけぇ、きょうてぇ」同様、登場人物(と読み手)が夢うつつの区別が付かない仕掛けになっていて興味深かった。

志麻子センセの中じゃ渾然一体なんだろうか。



そしてこんだけエロくてグロい小説を、平然と男友達の部屋でゴロ寝しながら読んでいられた私の神経は、どうしたもんなんだろうか。

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]