忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『鏡のなかの鏡』ミヒャエル・エンデ

鏡のなかの鏡―迷宮 (岩波現代文庫)
鏡のなかの鏡―迷宮 (岩波現代文庫)


『はてしない物語』『モモ』しか知られていない
ミヒャエル・エンデだけれども、こんなのも書いていたんですね。

なーんか、
ふつーのシュルレアリスム詩人になっちゃったんだなー、
ってかんじ。



『はてしない物語』『モモ』に欠けていた
「時代性」を意識した
……ってことらしくて、
たしかに20世紀的な虚無感、(絶望というより)無望感がある。

けれど、『はてしない物語』『モモ』は「時代性」を欠いていた、
というか、それに縛られていなかったから
あれだけ受け入れられたのだと思うし、
いつ誰が読んでも胸を打たれる物語になりえたんだと思うんだな。



単純にシュルレアリスム作品として見るなら、
過不足なく「教科書的な」作品なのだろうけれど、
べつにエンデじゃなくてもいいよなーってところ。
シュールは20世紀前半でやりつくされたじゃない!!

拍手[0回]



はてしない物語 (上) (岩波少年文庫 (501)) はてしない物語 (下) (岩波少年文庫 (502)) モモ (岩波少年文庫(127))
PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]