忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『豊穣の海(二) 奔馬』三島由紀夫

あぁ、もうただ一言、
なんと疲れる小説か( ´・ω・)


前世(『春の雪』)では文化系美少年だった主人公が、
転生した『奔馬』では右翼テロリストに
なっておるのです( ´・ω・)

皇国を腐敗させる官僚や実業家を殺して
自分たちも死ぬ、って決心してるんですね、
当然ハラキリですよ割腹ですよ

でも周りの大人たちは、
彼を思いとどまらせんという
老婆心ではあるのですが、
彼の理想を踏みにじる訳ですよ、結果として

とはいえ書き手である三島は主人公の理想の
「崇高さ」をあくまでも書き続け、
物語の結末でそれを果たさせ、
そして第四部を書き終えた後
自分でも実行するんです。


という一連の流れを追うとだな、あぁなんと
文学的な、あまりにも文学的な中二病( ´・ω・)


日本が置き忘れてきた大変なものを
三島は一人で負わなきゃと感じ、
それを果たすのに死を以てするしかないと
思い至ったとしたら( ´・ω・)

彼にしてみれば私たちは
彼のあがないの上に
あんのんと暮らしていることに
なるのではないのか( ´・ω・)

あれは
「もはや暑苦しい者に味方はいない」
というのを示す事件で
「もう暑苦しくなくていい」
ということを逆説的に示してしまったのでは?

もし日本が国として軸がぶれていると思うなら、
彼の死に思いを馳せることが
その理由を考えるヒントになるかもしれない

別に行動主義や懐古主義に走る
ってハナシじゃなくね( ´・ω・)


なんてことを今は思う( ´・ω・)


とりあえずニコニコ組曲Jver.の動画観て
平静を取り戻した。
ごめんキミタケ、漏れ80年代生まれなんだ( ´・ω・)

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]