忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『西洋音楽史―「クラシック」の黄昏』中公新書

西洋音楽史―「クラシック」の黄昏 (中公新書)
西洋音楽史―「クラシック」の黄昏 (中公新書)


私にしては珍しく、新書を新書で買った……
ブクオフで、じゃなくてね。

私の中では今年度最高ヒットかな?
これはまじ素晴らしい本です。

まず、新書という媒体の性質をわかっている。
初心者にもわかりやすく、かつ、
情報量がいい塩梅で好奇心を満たしてくれる。
「クラシック好きだけどバッハしか聴かな~い
 世界史もよっくわっかんな~い( ・∀・)アヒャ」
みたいな私レベルのクラシック好き?に丁度よかったです。

そして「音楽史」だけを追うのではなく、
当時の世相・思想と絡めて論じられている。
バッハなどに見られる、
神だけを信じていればよかった時代の単一主題。
「個」が重視されるようになった
ロマン派の時代は主旋律のみが目立つ形式。
進歩史観に基づく、ベートーヴェンらの
クライマックスが盛り上がる形式。
進歩史観が敗れた後の、竜頭蛇尾な
『ツァラトゥストゥラはかく語りき』形式。。。等々。

市民社会が始まった時代から、
音楽は消費物だった、とかね。
「今の若いもんは!!!」
とか無知な怒りを抱いていた自分がハズカシイ。

筆者の先生は、「西洋音楽史概論」みたいな
通史の授業を受け持っていたらしいですね。
それで専門以外の時代の音楽についても勉強し、
受け持たなくなった今、その通史の感覚を
忘れないうちに書いておこう、と記したのが
この本だったらしいです。
うちの教授陣にも学ばせたいわ、この姿勢。
概論の授業で専門分野だけ深く狭く喋りやがって!!!


これはホント、良書です。
読みながら、実際の曲を聴いて確認したくなります。

拍手[0回]

PR

Comment

無題
  • PPP
  • 2007-09-10 16:22
  • edit
しきちゃん、ふるゆーです!
たまにこっちのHN使ってます!ヨロシク☆

あ~、わかる!!
私音楽やってる(しかもオケ;しかも主催までした;)のに、音楽史とか全然わっかんないんだよね~><

私の方がヒドイかも。。。


P.S.仙台日程でました!
前泊後泊ありなので、時間あるかも!
またメールします☆
無題
  • 紫式子
  • 2007-09-11 22:15
  • edit
>ふるゆ
歴史を知らなくても実践はできるもんね~。
でも、演奏をしているからこそ納得できる
「作曲家ごとの特徴」
「時代ごとの差」
があると思う!
医学書に飽きたら読んでみて~!!

メールまっとるね☆
はじめまして
はじめまして。TBありがとうございました。
この本は今改めて読み直してみると、ちょっと恣意的な部分もありますが、音楽史の全体をつかむには最適だと思いますね。定期的に読み直したい本です。
>shogoさん
  • 紫式子
  • 2007-09-18 19:44
  • edit
TB&コメントありがとうございます!
shogoさんの記事は私の知らないこと・
気づかなかった点へのツッコミがあり
興味深く読ませていただきました。

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする
西洋音楽史−「クラシック」の黄昏
  • 西洋音楽史−「クラシック」の黄昏
  • URL
  • 2007/09/17(Mon) 21:30
<B><font color="#639048">西洋音楽史−「クラシック」の黄昏 岡田暁生(著) 中公新書(\780+税) </font></B>  この本はなかなかいい。  タイトルが「西洋音楽史」となっているが、本書は作曲家を時代別に並列、列挙した無味乾燥なものではなく、『西洋芸術音楽』の起源から現代までの一連の流れを、時間軸に沿って掴もうというものです。極めて大雑把にいうと、社会における音楽受容の変遷(教会...

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]