忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『東西不思議物語』澁澤 龍彦

東西不思議物語 (河出文庫 121A)
東西不思議物語 (河出文庫 121A)


このひと、ほんとに物知りだな~ とか、

このひと、ほんとに「おもろいこと」好きなんだな~ なんて再認識。



あまりテーマを厳しく縛らず、タイトルどおり古今東西の
不可思議だったり「非科学的」だったりする事象・伝承

いくつかのケースを引き合いに出して、紹介してくれてます。



すげぇなと思うのは、東西で似たような伝承があったら
「興味深い」といって比較できる、その知識の幅。

なんていうかこの人って、ダークな趣味における
検索エンジンみたいな人だと思う。
それ自身では何でもないんだけれど、
いろんな情報の仲介人であり媒体であり、って感じ。
「ググれカス」ならぬ「シブれカス」みたいな。



あと、文体っていうのかな、語り口でワクワクしてるのが伝わる。
特にこの本ではそれを感じた。

エロとかグロとか悪魔崇拝とかを好んでても、
彼自身の精神は「病んで」いないのがすごく好感持てるよね。
ほんとうに「少年」的、明るいカラッとした好奇心
エロとかグロとか悪魔崇拝とかを研究・紹介してる(笑)。

稀有な人だったんだな、と思います。

拍手[0回]

PR

Comment

無題
  • c
  • 2008-08-06 04:42
  • edit
こんばんは。
この記事読んで、『東西不思議物語』読んでみたくなりました!
澁澤龍彦が「媒体」って解釈おもしろいですね。


>エロとかグロとか悪魔崇拝とかを好んでても、
彼自身の精神は「病んで」いないのがすごく好感持てるよね。
……これって大事ですよね。ほんと…
明るい人がすきです。笑
>cちゃん
  • 紫式子
  • 2008-08-06 21:06
  • edit
彼の著書の中でも、これは本当に面白いと思う!
って言ってもまだ2~3冊しか読んでないけど(笑)。
個人的には『快楽主義の哲学』より面白かった。

澁澤龍彦は「紹介者」であり、日本とそういうダーク系?文化との仲人みたいな人だったと思うのね。
まぁ、彼自身も小説書いたりはしてるんだけれど。

>明るい人が好きです
……何かあったんですか(;´・ω・)
はじめまして
  • みき♂
  • 2008-08-07 02:41
  • edit
私も久しぶりに読んでみたくなり、文庫本を引っ張りだしました。ついでに隣にあった『女のエピソード』も出してきました。
澁澤さんは博覧強記で、大変記憶力が良かったそうですが、私は読んだ本の内容などすぐ忘れてしまうので、5年も10年も前に読んだものなら、また新たな気持ちで読んで楽しめます(苦笑)。今度読むのは、多分4回目かと思います。
ちなみに8月5日は澁澤さんの命日でした。偶然でしょうか。
>みき♂さん
  • 紫式子
  • 2008-08-08 00:10
  • edit
コメントありがとうございます。

たしかに、あの文章は「ぜんぶ憶えてる人」の書き方ですよね。
「たしかこういう資料があったはず、見つけた見つけた」って引用してる文体ではない。
そこがまた、好きになっちゃうポイントかもしれません。

命日は、まったく意識していませんでした。
「永遠の少年」らしく、少年たちの季節に逝かれたのですね。

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]