忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

『容疑者Xの献身』東野圭吾


容疑者Xの献身
容疑者Xの献身




頭脳快楽。

3時間で、一気に読みきりました。

すっごく気持ちいい。

これは『香水』以来の爽快感じゃないかな。

ミステリ、癖になりそう。



言わずと知れた、今年の直木賞受賞作です。

直木賞が発表される前の『ダカーポ』1/4・18合併号特集、「BOOK OF THE YEAR 2005」でもキッチリ取り上げられていました。

そこではミステリー評論家の杉江松恋さんが

「東野さんは・・・多くの読者はつかみましたが、なぜか文壇では評価されず。

 この作品で、直木賞をよこしてみろという意気込みを感じますよ。」

というコメントも寄せています。



東野圭吾、他のを知らないから如何とも言いがたいけれど、確かにその通りなのだろうなと。

「すごい」としか言いようがないですもん。

愛の物語としても壮絶だし、ミステリーとしても「えーっ、それアリなの!?」って仕掛けが用意されているし。



いやぁ……完敗です。

読書でこんだけ脳が興奮したの、久しぶりです。

1600円でこの快感は、お得、だ……。

これも『ダカーポ』記事内にあった言葉だけれど、

「読書って、安上がりでいいわ。」




香水―ある人殺しの物語
香水―ある人殺しの物語




こっちは犯罪者目線で、ミステリーという形式ではないんだけどね。

でもそういう形式で何で面白いのか、不思議な魅力のある作品。

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]