忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』村上春樹

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫) 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈下〉 (新潮文庫)

暇だったり勢いづいてたりして、
なんとなくハルキを読み返すキャンペーン。

読後感がいい作品ほど記憶に残りにくいのは
一般的なのか、ハルキ作品の特徴なのか。
あんまり本読まないんで比較の仕様がない。

読み返して思ったのは、
この設定、ハルキの文章じゃなきゃ
読めなかったよね
ってこと。

だって!
なんかどっかアンリアルな「ハードボイルド」と、
完全ファンタジーな「世界の終り」て!!
まるで同人ラノベのようじゃありませんか!!!

教訓1:素人はうかつに手を出してはいけない
教訓2:やはり村上春樹の文章力はすごかった


結末もね。
やっぱり前向きな決意に溢れているというか。
少なくとも悲観的ではないじゃない。
そこにいる決意、のようなもの。

ワケのわからない世界だけれど、生きていく。
ハルキ的厭世観のハッピーな帰結かもしれないし、
ハルキ的世界観の持ち主たちへのエールに
なりえるかもしれない。

アンリアルすぎていささか世界に入り込みにくいんだが、な。

拍手[0回]

あと表紙が佐々木マキさんじゃなくなったのが寂しい。
作品のテイストがそもそもファンタスティックだから、
博士や村の人々は、佐々木マキの絵で想像するとすんなり行く。

PR

Comment

ゼノンのパラドックス
  • ぶんじん
  • URL
  • 2007-09-25 23:22
  • edit
を思い浮かべますよね、このオチ。
懐かしい作品ですなぁ。学生の時に読みました。なぜかバッハのオーボエ協奏曲を聞きながら読んだので、その曲を聴くとユニコーンを連想してしまいます・・・。
Re:ゼノンのパラドックス
  • 紫式子
  • 2007-09-25 23:57
  • edit
さすが「ぶんじん」さんですね!
私は思わずWikipediaで調べてしまいました^^;

BGMからの連想、私は映画で結構あります。
『ハンニバル』で「G線上のアリア」か
それに似た曲が使われていて、
聞くたびにレクター博士が
脳を食べるシーンを思い出します……。

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]