忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『ハンニバル』トマス・ハリス

なんでG-Toolsで「ハンニバル」検索するといちばん上に
G線上のアリア100%
G線上のアリア100%
が出て来るんだよ……。



気を取り直して。

ハンニバル〈上〉 (新潮文庫) ハンニバル〈下〉 (新潮文庫)


映画は順番に駄作になっていくけれど(苦笑)、
原作はどんどん冴え渡っていってる感じなんだよなぁ。

この作品のスピード感、トマス・ハリスお得意の
緩急つけた演出の妙は素晴らしい。
レクター博士が自由の身で動き回ってるから、
彼の何手も先を見越した理知的な立ち回りが楽しめます。



脇役・複線・結末は映画とだいぶ違う。
確かに文章だと丁度いいんだけれど、映像化するには膨らみすぎかも。
これを2時間のボリュームに収めたリドリー・スコットは頑張ったな~ って感じです。
解釈も比較的、的確だったと思う。
途中で何かが変わってたら「確かに映画版の終わり方もアリかも」って感じ。

っていうか私にしてみたら

拍手[0回]

原作の終わり方のが落ち着かない(笑)。
こんなラブコメ望んでないんだけどー!
いやこれほんとに原作者の手によるものなんですよね?
二次創作とかじゃないんですよね???

何だかすごく夢現な感じ……なんです。
これは、レクターかクラリス、どちらかが見ている
夢なんじゃないの……? って問いたくなってしまう。

しかし「あの」レクターと「あの」クラリスが
互いにラブコメになってしまうほど深く求め合い、
結びついたのだなぁ……と思うと、感慨深い。
2人の出会い(=『羊たちの沈黙』)から観ている身としては。

大人になったら、こっちの結末の佳さがわかるようになるかもしれない。



ハンニバル [DVD]
ハンニバル [DVD]
『ハンニバル』を原作にしたというより原案にした「リドリー版」の趣。
そういえばリドリーは『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』から
『ブレード・ランナー』を生み出した才能の持ち主だった……。

ハンニバル オリジナル・サウンドトラック
ハンニバル オリジナル・サウンドトラック
レクター博士のセリフが入っていたり、場面に合わせた不気味なアレンジが
施されていたりするので、純粋に音楽を楽しむには不向き。

羊たちの沈黙
羊たちの沈黙
やっぱり最初に他人にオススメするのはコレだなー。

羊たちの沈黙 (アルティミット・エディション) [DVD]
羊たちの沈黙 (アルティミット・エディション) [DVD]
映画もわかりやすく、上手くまとまってたしねー。
PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする
唯一言「素晴らしい」:ハンニバル
  • 唯一言「素晴らしい」:ハンニバル
  • URL
  • 2011/06/17(Fri) 22:17
ハンニバル〈上〉 (新潮文庫)作者: トマス ハリス出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2000/04メディア: 文庫 ハンニバル〈下〉 (新潮文庫)作者: トマス ハリス出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2000/04メディア: 文庫 このエントリで触れた「羊たちの沈黙」の続編。 ただただ、素晴らしいのヒトコトだ。

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]