忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『サウスバウンド』奥田英郎

サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1) サウスバウンド 下 (角川文庫 お 56-2)


父は、元過激派だ。
母も、元過激派だ。

作品への気合はコピーの気合で大体わかる。

映画の感想はこちら

原作→映画の順で観た人が
「原作の方が面白かった」
と言っていて、
映画も十分楽しめた私は
じゃあ原作は如何ほどか、
と期待して読んでみた次第。

いや、期待のはるか上!

二郎が心ならずも「活動」に
加わってしまう、その出来事の重さ。
だってこの子小6でしょ!?

繰り返される
「大人は子供の世界では無力、
 子供も大人の世界では無力」

という言葉もそこには
絡んでくるんだろうけど……。
奥田英郎、手加減ねぇなぁ。

あと個人的にグッと来たのが、
ベニーさんがユダヤ人だった
というエピソード。
政治的にデリケートだし
私は彼らについてほとんど
何も知らないので、
何とも言えないんだけれど、
彼らの「苦労性」には
そっと寄り添いたくなります。

拍手[0回]

ユダヤ人の苦労性に絡んで、こちら↓。
「初音ミクにイスラエル国歌
 『Hatikva』を歌わせてみた」




こういう切ない系の旋律はミクに合うなぁ
ユダヤ語って日本語と母音似てるから
日本語VOC@LOIDでもチャチくないね。
PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]