忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『だれかのいとしいひと』角田光代


だれかのいとしいひと
だれかのいとしいひと



角田光代の小説って、ポラロイド写真みたいだと思う。



画質はぼんやりとしていて、全体として不鮮明な印象なんだけど、それゆえ対象の本質みたいなものが写されてる。

「見えたつもり」になって、実のところその対象を見失ってる みたいな感覚は、角田光代作品には、ない。



ふと湧き上がってすぐに消えてしまうような感情が、その瞬間を逃すことなく捕らえられている。

普通のフィルムだったら、現像に出すときには何を撮ったか忘れてしまうと思うのだけれど、角田光代はその瞬間に印画する。



中には、

「それ言っちゃおしまいだよ!」

みたいな、元も子もないものも、ある。

けれど、角田光代がそれを口に出して言ってくれたおかげで、気が楽になる場合がほとんど。



彼女曰く、純粋に疑問から出発して創作しているらしいんで。

他意とかないんで。

そういうところ、憎めなくって憎らしいよなぁ、なんて思うのです。



文庫版、解説が枡野浩一なのも嬉しい。

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]