忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

渋谷サブカルツアー(2):「薔薇を生む、わたし。薔薇を愛でる、あなた。」


この日のメインディッシュは、UPLINKで行われた「薔薇を生む、わたし。薔薇を愛でる、あなた。」というトークショーでした。



司会は未映子さん・吉田アミさんという前衛音楽家のお2人。

彼女たちがゲストを交え「創作」について語り、そこから創り手/受け手(=薔薇を生む、わたし/薔薇を愛でる、あなた)の関係性について考えを巡らす、というのが企画主旨だったのかな。

吉田さんが感じた創り手と受け手のズレ、そして創り手自身が自分の作品・創作を語る場を設けたいという思いから発案された企画だそう。



スタートはお2人それぞれのパフォーマンスから。

お2人を見て改めて思ったのだけど、「前衛」って荒唐無稽に見えて、痛切なまでに論理的なんですよね。

荒唐無稽を言語化して、対象化できてしまうから意図的に荒唐無稽に見えることをやれるわけで。

実際未映子さんの詩(詞)は、社会学で言うところの「規範」をバラしているし、吉田さんはトークが始まったら見事なつっこみと誘導で場をまとめあげたし。

いちいちいちいち言語化してしまう、そしてそれにまじめに取り組んで作品にしていく、そういう方たちなんだと思います。



1人目のゲストはエロ漫画家のドルショック竹下先生。

セックス実録ルポの裏話や、連載予定のエロ挿絵の紹介、何よりアケスケなシモ・トークでイッキに空気が暖まりました!!

ただ、ここを起点に会全体が 創作<シモネタ になった感が否めズ。。。

とはいえトーク自体は爆笑モノでしたし、何より竹下先生のエロに体当たりして生きてきている様に、感じ入りました。恐れ入りました。

うちのOGらしいです。後輩であることを誇りに思います。



2人目はなんと、『東京膜』の渡辺ペコ先生!

作風どおりの、真摯で実直な方でした。

すごくまじめに淡々と、読者の目を気にする/しないループですとか、まんがは商品/作品ループについて語られていました。

矛盾・相克を無理やり一元化しようとせずに、戸惑いつつも放し飼いにしている、そういうところに好感を覚えました。なんだか。



3人目はAVライターの雨宮マミさん。

この人の話は、創作云々っていうより女ゆえの業界内での苦労とか、そういう話の方が印象に残ったな。私の興味の都合上。

就職にいたる過程とか、彼女自身の人生自体が興味深かった。



未映子さん・吉田アミさんの狙いにはもうちょっと、でしたが、トーク自体はすごく面白かったです。♪

なんか、イッキにいろんな世界をのぞきました。

トークショー面白いなー。好きになりそう。

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]