忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

北澤美術館(本館&新館)


せっかく地元に帰っていることだし、行ってきました。

北澤美術館

本館新館SUWAガラスの里併設)。

同じチケット(大人1000円)で両方行けるんですね。お得。



本館の方では「東山魁夷展」やってました。

タイミング良いなぁ。



好きなんですよ東山魁夷。

濁ったような汚い色を絶対使わないじゃないですか。

今日改めて思ったけれど、本当に色合わせがきれい。

カラーコーディネートの見本帳のよう(笑)。



一度に東山魁夷の作品を大量に観る経験は初めてなんですけど、色遣いだけじゃなく構図も斬新ですね、この人。

『晩鐘』とか、反則技だろ、左右対称って……。



雲が左に拡がってて、寺院が右に拡がってるから安定してるのかな? ひょっとして。



新館の方でやってたのは「オールド・ノリタケとラリック展」。

1920〜30年代、第一次大戦後に日本とフランス、それぞれで開花したガラス工芸を併せて観てみましょう、という企画。

本館にもルネ・ラリックはたくさんあるんだけど、この人すごいんだね

「ひとよ茸ランプ」はじめ……ガラスであそこまでやってしまう、っていう意気込みが凄い。

ガラスでどこまで出来るか、っていう技法を知り尽くしていたからこそだと思うんだけど、ガラスの色のグラデーションで風景を描いたりとか、ガラスを動植物の形に加工したりとか、想像力がすごいよなぁ。

自分、美術やってたけど立体モノは苦手だったんで、余計に尊敬ッス。ウス。



ノリタケも素敵。

80年も前の磁器とは思えないほどオシャレ。

アール・デコ期の幾何学模様が入ったティーセットとか、良かったなぁ。



いゃー、地元だと思ってナメてました。

これからも帰省した折にちょくちょく来よう。

※画像は同美術館サイトより。

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]