忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レニングラード国立バレエ『白鳥の湖』




KOSEクラシックスペシャル・レニングラード国立バレエ『白鳥の湖』をば観てまいりました。



B席だったのですが、真正面で、ちょうど舞台全体+オケを見渡せる位置!

一緒に行ったMarchHairちゃんとキャッキャ言って歓んでました・笑



まともなバレエを、全幕通してというのは初めて。

やっぱキホンはチャイコフスキーでしょ、バレエったらスワンでしょ。

スワンっていうと柴田亜美のギャグが思い浮かぶ私はパプワ君世代。(皆この話題ついてこれる?;)



いゃー、コピーに偽りなしで、本物は美しい

こないだ観た「ジゼル」も悪くなかったんだけど、あれ日本のバレエ団だったんですね。

今回、なんたってロシアの国立バレエ団じゃないですか。

みんな脚なっがい、なっがい。

キレーなんですよ〜 それが。

白鳥24羽が脚ひらひらさせるところなんか、壮観・圧巻!



そして、オデット役のプリマは、その中でも一際光ってました。

やっぱり、王子役・お姫様役を射止めるダンサーは、オーラが違う。



『白鳥の湖』を選んだのも正解でしたね。

曲、耳に馴染んでるし。

「四羽の白鳥」がナマで観れたのも収穫でしたな。

第3幕の、主題メロディがいちばん盛り上がるところは本当にゾワゾワした。

王子とオデットが悲嘆に暮れながら抱き合うところ。

泣いた……



あー なんかバレエ門外漢なんで(いゃ私は万事に関して門外漢だけどね)、ほかのバレエ団との比較とか出来ず、素人ムキ出しの記事になっちゃって申し訳ない。

でも、よかった!

しかし、よかった!

こんぐらい言っときゃわかってくれるだろ、うんうん。



1年を締めくくるにふさわしい、いい体験となりました。えへへ。



次はオペラ狙っていきます。

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]