忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

ラテンなものと村崎


スペイン国立バレエ団の公演によせて。

字数制限オーバーしたので改めて記事作成します。



今日の公演……特に後半のフラメンコ色の強いパートで、ダンサーたちが見せた苦痛を帯びたような表情に、映画『dot the i』を思い出しました。

この映画の主役もカルメンっていって、しかもフラメンコダンサーなんですね。

で、映画の中で彼女が踊るシーンがあるんですが、そのとき彼女は婚約者ではない男性への愛ゆえに苦しんでいて、フラメンコでその情熱から来る苦悩(あるいは、苦悩の形をとった情熱)を表現するんです。




そして、これも『ラ・レジェンダ』の方なんですが、男装した女性ダンサーがアマジャの「身体」を表すんですが、白の衣装で。

思わず『白のファルーカ』っすか!? と。。。

ファルーカってのは、フラメンコの一種? なのかな?

元は男性向けの舞踊で、女性ダンサーが男装して踊ることもあるそうです。


いや、ファルーカって訳じゃなかったぽいけどね。

『白のファルーカ』自体はフィギュアスケートまんがですが、主人公の親がフラメンコの名手だったって設定なんですよ。

それで自分の中でフラメンコアンテナが敏感になっていた、ってのがあるんですよね。



さらに!

私の中でラテンといえば書上奈朋子

いやもっと正確に言えば、『psalm』の中に「Hora de verdad」っていう、男と女をそれぞれ闘牛士と闘牛に例えた曲があるんですよ。

Hora de verdadってのは、闘牛で闘牛士が牛に止めを刺す瞬間のことらしいんですけどね。

あなたと私は

決して交わることのない光と影

せめて私に

美しい死を!

せめて私に早く

Hora de verdad(真実の瞬間)を!


……って。

この曲の激情っぷりを、今日の舞台観てて思い出しましたねー。

いや曲自体はさすが書上奈朋子でキレイに仕立ててあるんだけど、すごく切ない……泣き叫ぶみたいな声で歌ってるんだよね。



喜怒哀楽を激しく表現する文化の中で生まれた、激しい表現のための舞踊なのだなぁ……などと勝手に思ってみた次第です。


Psalm 詩編
Psalm 詩編

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]