忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドイツ写真の現在


竹橋に来る用事(って言ったらバレバレなんだろうか)があったので、ついでに東京国立近代美術館「ドイツ写真の現在」展を観てきました。

観て「怖いっ!」って思う写真に久しぶりに会いました……



のっけから足元ぐらつかされたのは、ベルント&ヒラ・ベッヒャー夫妻の作品。





(ペンシルヴェニア州ベツレヘム  1986年 ©the artist )


給水塔、炭鉱の採掘塔、鉄鋼所の溶鉱炉みたいな産業建築物を淡々と撮っているのですが、これがなかなかどうして、気味悪い

同じ形のクレーンや煙突が並んでいる風景が、この人たちのファインダーを通すとすごく不気味でグロテスクに見えるんです。

あと、給水タンクとかガスタンクが画面全体にバン! と来た写真とかには、無生物なのに威圧感・圧迫感を覚えました。

でも、ずっと見てるとそのタンクが、支柱で地面に縛り付けられているようにも見えてくるんですよね。

工業化社会の不穏さ・恐ろしさと悲哀を同時に撮りこんでいるように感じました。



アンドレアス・グルスキーはベッヒャー氏の教え子。

「同じ形が並んでいる風景」の奇怪さを鮮やかに撮っているところが共通していますが、グルスキーの方が色彩・構図が幾何学的・無生物的。





(グリーリー  2003年 ©Andreas Gursky)


そのよそよそしさがまた、人間疎外窮まった現代社会! って感じで、ゾワゾワさせてくれました。



トーマス・デマンドの手法も面白かったな。




拍手[0回]



(浴室  1997年 ©Thomas Demand, VG Bild Kunst, Bonn/ APG-JAA, Tokyo 2005 )


これ、

?ニュース写真を

?紙の模型で再現して

?また撮影する

っていう工程を経てるんですよ。

幾重にもマスメディアを通してしか私たちの元に届かない、情報のアンリアルさを、写真という「真実を写す」と信じられているものによって表現する、そんなアイロニーっぷり。

こちら、「ニヤリ」系。



ロレッタ・ルックスは……今月の美術手帖の表紙にもなってますが……

まず「え、これ写真だったの!?」ってハナシですよね。





(窓辺にて  2004年  ©the artist )


色彩とかモチーフとか、奈良美智ぽいな、ってちょっと思ったけど。

子どもの写真を加工して、これまた加工して作った背景と組み合わせて、ってやってるんです。

んで(たぶん意図的に)合成の境目が見えて、これまたよそよそしい。

リアリティを欠く、不安な空気を醸していました。



写真って、今までまじめに観たことがなかったんですが、この展示でだいぶ考え方改まりました。

ドイツだけじゃなくて、他の国々の状況も知りたいね。



美術手帖 11月号 [雑誌]
美術手帖 11月号 [雑誌]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]