忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジョルジュ・ド・ラ・トゥール展

行ってきました、国立西洋美術館ジョルジュ・ド・ラ・トゥール展」。

拍手[0回]

これはー……。どうなの。

いや、ラ・トゥールすごいと思ってるんですよ。

あんなに光を平面状で表現した画家、他に知らないもん。

でも、今回の展覧会はー……。



もちょっと観たかったなー、真作。

って。



イャもともと寡作な画家だし、どの真作も貴重だから貸し渋り(使い方違)されるのも仕方ないと思うのだけれど、やーっぱなーんか模作には迫力を感じないんですよねぇ。なーんか。

「ラ・トゥールほど真作の少ない画家になると、模作も真作の構図等を再現する上で貴重な資料となります」ってのもわかるんだけどー、ね。

なんか食い足りなかったです。

「大工の聖ヨセフ」とか、目玉作品なのに、模作なんだよ。

いいけどね、こないだ真作見てきたから。

んー、ま、20/40か。欲張りか。うん。



あ、なので、これから行かれる方は観たい絵に期待を募らせるとともに「知らなかった名作発見」を楽しみにして行かれるといいかと。

『犬を連れたヴィエル弾き』なんか、恥ずかしながら今まで知らなかったけど、ドキッとしましたもん。

品のいい宗教画ばかりじゃなかったんだー、って。

本人の地位もそこそこあったはずなのに、「下々の者」をしっかり見つめて、リアルに描いてるんですよねー。

どこかアンビバレントというか、そういう印象を持ちました。



まぁまぁしかし、表現のリアルさは真作はもちろん、模作でもすごいですよ。

「てーのひらをーたいようにー すかしてみーれーばー」って歌がありますが、ホントあれの世界です。

「まーっかーにーながーれるー ぼくのちーしーおー」が描かれてるんです!

これはよく気づきましたよ。

光をさえぎる手指の隙間から、血の色を透かす光がこぼれてるんですよ!

写真みたい。



あと、ラ・トゥールが印象強い理由に、同時代(16〜17世紀)の画家と、大きくタッチが違うっていうのがあると思います。

彼はカラバッジョの弟子で、ベラスケスと同じ時代に生きた人なんだけれども、彼らよりずっと、絵のタッチが「つるん」としてる。

恐らく光と影の表現を優先したためなのでしょうが、人物の肌・衣装などのタッチが比較的滑らかです。

聞こえが悪くなっちゃうのを承知で言うと、結構マンガっぽい。

逆に言えば、日本人好きするタッチかも。

時代はえらく違ってしまいますが、その点アングルに通ずるものを感じます。

彼は恐らく美肌フェチで、美肌の表現を優先させるためにリアルさを犠牲にしてるんですよ。



ま、ま、ハナシ逸れましたが……。

一緒に行った知り合い曰く、「人によって好き嫌いあるかもね」な、展覧会でした。

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]