忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『NINAGAWA WOMAN』蜷川 実花

NINAGAWA WOMAN
NINAGAWA WOMAN


いろんな女子を撮ってきた蜷川実花の、各タレント ベストショット集。

帯コピーが
「かっこいい女子は、国宝だと思います!」
なんだけど、私は貴女の腕こそが国宝、と思う。



蜷川実花の「いいなぁ」って思うポイントって、
もちろんアヴァンギャルドな衣装・メイクのセンスとか
毒々しいくらい鮮やかな色彩とかもそうなんだけど、何より
他のカメラマンが「させない」表情を、モデルにさせるところ。

「女子同士」だからなんかな。
モデルの女の子はすごくくつろいで、プライベートな表情をしているように見える。
高校時代に教室でふざけて撮りあう、携帯カメラの写真みたいに。

今回の写真集で私がびびったのは、中谷美紀。
なんだかすごく慈愛に満ちた、「お姉ちゃん」みたいな貌だった。
長女です、って雰囲気。弟や妹を見守ってます、みたいな。

あとはSHIHO。
正直今までSHIHOの良さってわかってなかったんだけど、
この写真集に収録されてる写真で、わかった気がする。
何にでもなれるんだね、この人。

美輪明宏様のお写真も入っております。
「女子」カウントです、そこんとこ宜しくお願いしますです。

拍手[0回]



「男子」をテーマにしたこっち(↓)も良かったんだけど、
『NINAGAWA WOMAN』と見比べちゃうと、やっぱどっか理想化してるというか、
「素」の彼らを撮ったというより「演じさせて、撮った」感じがあるな。
まぁ、そういうテーマの写真集だったから当たり前なんだけど。

蜷川妄想劇場 ~mika's daydreaming theater~
蜷川妄想劇場 ~mika's daydreaming theater~

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]