忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

「フィラデルフィア美術館展 印象派と20世紀の美術」


★公式サイト

久しぶりに来ましたねー、
上野も美術展も。

ほんとは日本橋三越でやってた
「印象派とエコール・ド・パリ展」にも
リハビリのつもりで行ってたんだけど、
レビュー書きたくなるほどの
インパクトは受けなかったのですよねぇ。


さて、「フィラデルフィア」

ハデに広告打ってるだけあって、

有名人ならぬ有名絵画の
オン・パレード
でした。

19世紀末に起こった、
理想化への反発としての
写実主義から始まり、
第二次大戦期までの絵画が
時系列順に並べられています。

第1章 写実主義と近代市民生活
パトロンや上流階級の
要望に応えるために描かれてきた
「理想化」された絵画を脱し、
新たに時代を担うことになった
「市民」の視点に基づく
「写実主義」「自然主義」の絵画。

それ以前の画家と比べてしまうと
「少々ドロ臭いかな?」
それ以後の画家と比べてしまうと
「少々ぎこちないかな??」
といった印象を受けてしまう
コローやクールベですが、
彼らこそこの時代の代表選手です。

市民社会を文化面で引っ張った功労者
といっても良いかもしれない。

中でも印象的だったのはマネの
「キアサージ号とアラバマ号の海戦」
マネってこんな大海原も
描いてたんだ! という衝撃と、
シーグリーンのあまりのリアルさに。

第2章 印象派とポスト印象派 -光から造形へ
この展覧会のハイライト。
数ヶ月前国立新美術館で逢ったモネや、
ゴッホ、セザンヌもいます。

中でも人だかりがすごかったのはやはり、
代表作「大きな浴女」を引っさげてきた
ルノワールおじいちゃん。

見るたび違う凄さが見えるんですよね。
そのことこそが凄い。

全体的にブレてさざめくように見えるけれど、
顔にだけは焦点が合っていて(特に目)、
それで「じーん」と来る感動を呼ぶんだな、
というのが今回の感想。
次回はどんなルノワールさんが見れるやら。

第3章 キュビスムとエコール・ド・パリ
ピカソやブラック、
レジェ、カンディンスキー、
ルオー、モディリアーニ。
私の居慣れたエリアです。

マティスは何回見ても感心できる。
『休息する二人のモデル』の、
デフォルメされていながら
的確なデッサン力はすごいよね。

『週刊美術館』で
この人の制作過程を追った
連写真を見たんですが、
けっこう試行錯誤、
やりなおし描きなおしの
くりかえしなんですよ。
納得行く形に落ち着くまで
追求してるんです。

完成作は、そんなこと
微塵も感じさせない
伸びやかさなのにね。

デュシャンで来ているのは
「セザンヌへの崇拝と親への愛情」が
表れているという、印象派風の
『画家の父の肖像』と
キュビズム風の
『チェス・プレイヤーの肖像』。

彼って人格レベルでは
やっぱり西洋絵画の系譜に属していて、
キホンとかちゃんと押さえてるんですよ。

ただ、いろんな技法が出尽くして
キュビズムまで至っちゃった、
その先まで見えてしまったゆえに
反逆児としての役割を自覚した。
そういう人だと思っています。

モディリアーニはしかし、エロいね。
形態はドライなのに、
塗りこめられた肌色と
その向こうに透けるバラ色が
なんともいえずエロっちぃ。

第4章 シュルレアリスムと夢 -不可視の風景
マグリットが来ててびっくり。
見慣れてるせいか、
この人の絵は見てて落ち着くね。
来月には横浜美術館の
「シュルレアリスム展」でも会えるよ。

「わからない」ことを旨とする
美術様式ゆえ、たいがい
「わかりにくい」とされる
この系統の作品ですが、
ミロ『月に吠える犬』を見ていた
女性のひとことをご紹介。
「これかわいいねー。」
よかばいよかばい、
そのくらい「当然の」
ものとしてあるのが
いちばんさ。

第5章 アメリカ美術 -大衆と個のイメージ
あんまり期待せずに足を踏み入れたのですが、
一歩踏み込んで目に入った
ホーマー『狩人と犬』に思わず
「カックイー!!!」
見事にやられました。

このセクションではなんたって
オキーフ『ピンクの地の上の2本のカラ・リリー』。
あまりの伸びやかさ、
謳うような色と形に
思わず泣きそうになってしまった。。。

意外だったのがタニング
『誕生日』が来ていたこと。
女流シュルレアリスムの人で、
ソッチの大家・エルンストと
結婚もしている人です。
この絵もなかなかに強くて
エロい感じの女性が描かれていて、
見ていた女性客が
「女の人が描く『女』だね」
みたいに話していました。確かに。

シメはワイエス
中学のときから好きだったけど、
あの精緻さ、静謐さ、やっぱスゴい。


全体として振り返ってみると、
どうしても「教科書的」というか。
予定調和の、手なずけられた
展覧会、という感じがしました。
欧→米の作家しか取り上げて
ないからでしょうかね。

とはいえ、
ひとつひとつの絵はスバラしいです。
このチケット代でこれなら、
十分モトはとっている感じ。

拍手[0回]

PR

Comment

TBありがとうございました
  • heysel
  • URL
  • 2007-10-25 20:06
  • edit
初めまして。
トラックバック有難うございます。

フィラデルフィア美術館展、確かに「教科書的」でしたね。日本人受けする構成といった感じ。
でも名作ぞろいで、いい展覧会ですよね。
>heyselさん
  • 紫式子
  • 2007-10-26 15:56
  • edit
コメントありがとうございます。

日本人て印象派好きですよね・笑。
この秋、「フェルメール」と並ぶ
目玉の展覧会かもしれませんね。
タニング
  • Tak
  • URL
  • 2007-11-05 18:01
  • edit
こんばんは。
「誕生日」何ともいえない雰囲気を有する作品でしたね。
エルンストの影響も大きいのでしょうか。
17世紀のオランダ絵画も少し混じっているようにも思えました。
>Takさん
  • 紫式子
  • 2007-11-06 00:38
  • edit
「誕生日」は象徴主義的でもありますよね。
いろんなところからの影響が
見出せるんじゃないかと思います。
なんか逃げるみたいな言い方ですが。。。

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする
フィラデルフィア美術館展
  • フィラデルフィア美術館展
  • URL
  • 2007/10/25(Thu) 19:41
今日、東京都美術館で開催中の「フィラデルフィア美術館展」、見てきました。 理由あって、東京での開催中に、早くも2回目の来館。 平日の午後3時半頃行ったので、比較的空いていました。 とにかく、すべて良かったです 特に、井出先生監修ということもあっ...
フィラデルフィア美術館展
  • フィラデルフィア美術館展
  • URL
  • 2007/10/26(Fri) 03:38
フィラデルフィア美術館展 2007年10月10日から12月24日 東京都美術館 2005年7月にフィラデルフィア美術館を訪問している。(記録はこちら。)その1階の展示室の圧巻さは、拙Blogが美術関係ばかりなってしまった契機。それくらい圧倒された。セザンヌのThe Large Bather(画像)とその手前の池を囲んだ部屋の印象派の画家の作品(画像の一覧。必見)。ピカソの初期の作品。ダリ(画像)。そんな中から、どの作品がやってくるのか。(もちろんここまでは全然やってこないのですが。) 今回、目にとまっ...
フィラデルフィア美術館展(東京都美術館)
  • フィラデルフィア美術館展(東京都美術館)
  • URL
  • 2007/10/26(Fri) 22:54
土曜日にフィラデルフィア美術館展に行ってきました。 見終わったあとでハマったなというものをとりあげてみたら意外な結果にびっくり! 「ラクロワ島、ルーアン(霧の印象)」カミーユ・ピサロ なんか気持ちよくて長いことじっと見てました。 この黒い舟の中に見えるカラーのドット。 これがデジカメでデジタルズームで拡大した箇所のように見えてびっくりなのです。 色、ノイズの具合が気持ちいい。パッと見、モノトーンちっくだというのに。 「ポプラ並木」クロード・モネ モネは「睡蓮、日本の橋」のほうもよかっ...
レセプション:フィラデルフィア美術館展
  • レセプション:フィラデルフィア美術館展
  • URL
  • 2007/11/05(Mon) 17:58
明日10日から東京都美術館で開催される 「フィラデルフィア美術館展−印象派と20世紀の美術」の 開会式・内覧会・レセプションにお邪魔してきました。 7月14日〜9月24日まで京都市美術館で開催されていたこの展覧会。 あちらでも大変人気を博し会期中に20万人を超える人出があったそうです。 そしていよいよ明日から東京へ巡回し、満を持して公開となります。 「何とか美術館展」と名が付くと大抵は目玉作品が1,2点で、あとは普段美術館の倉庫に眠っているような作品で体裁を整えたりしますが、今...
記念講演会「フィラデルフィア美術館の3時間プッサンからセザンヌ、そしてデュシャンへの道」
  • 記念講演会「フィラデルフィア美術館の3時間プッサンからセザンヌ、そしてデュシャンへの道」
  • URL
  • 2007/11/05(Mon) 17:59
去る10月14日に東京都美術館講堂で開催された「フィラデルフィア美術館展:印象派と20世紀の美術」関連イベント 講演会「フィラデルフィア美術館の3時間 プッサンからセザンヌ、そしてデュシャンへの道」を拝聴して来ました。 フィラデルフィア美術館展の監修を務められた井出洋一郎(東京純心女子大学教授)先生の講演です。 講演会については既に、Bluemoonさんのブログ「荘周夢蝶」やフィラデルフィア美術館展オフィシャルブログに詳しくレポートがなされています。 今回の講演会は現在行われている展...
「フィラデルフィア美術館展」を鑑賞して
  • 「フィラデルフィア美術館展」を鑑賞して
  • URL
  • 2007/11/18(Sun) 21:40
フィラデルフィア美術館展公式HP10月10〜12月24日まで、上野にある東京都美術館で開催されている「フィラデルフィア美術館展(Philadelphia!)〜印象派と20世紀の美術」へ15日の午後に行ってきました。フィラデルフィア美術館所蔵品の中から今回は、19世紀...
東京都美術館で「フィラデルフィア美術館展」を観る!
  • 東京都美術館で「フィラデルフィア美術館展」を観る!
  • URL
  • 2007/12/05(Wed) 21:29
フィラデルフィア美術館展・チラシ表面 何度かこのブログにも書きましたが、僕がアメリカに行ったのはただ一度、卒業後研究室の先生から招集がかかって、研究室の仲間たちとアメリカ建築を見て回るツアーに参加したときのことです。1973年の夏、1ドル300円の時代でした。旅
フィラデルフィア美術館展 印象派と20世紀の美術(東京都美術館)−美術展の感想−
  • フィラデルフィア美術館展 印象派と20世紀の美術(東京都美術館)−美術展の感想−
  • URL
  • 2007/12/14(Fri) 01:17
今日は「フィラデルフィア美術館展」を見に上野の東京都美術館へ出かけてきました。 僕はこの展覧会については「印象派の有名どころとか、僕の好きなカンディンスキーとかが見られ...
フィラデルフィア美術館展
  • フィラデルフィア美術館展
  • URL
  • 2007/12/17(Mon) 08:17
 アメリカの国力を思い知らされた感じだ。 「フィラデルフィア美術館展 印象派と20世紀の美術」を 上野の森の東京都美術館で観た。 (映画「ロッキー」の撮影地にもなった)  フィラデルフィア美術館(The Philadelphia Museum of Art)は 1876年に万国博覧会をフィラデルフィアで開催したのがきっかけとなり、 できたそうだ。  建国から100年を経た、 かの国は経済的に昇り調子で金持ちも大勢生まれた。 富豪の何割かは、美術の収集に情熱を注ぐコレクターとなり そうした個人の寄贈で、 コ...
東京都美術館で「フィラデルフィア美術館展」を観る!
  • 東京都美術館で「フィラデルフィア美術館展」を観る!
  • URL
  • 2007/12/22(Sat) 14:43
フィラデルフィア美術館展・チラシ表面 何度かこのブログにも書きましたが、僕がアメリカに行ったのはただ一度、卒業後研究室の先生から招集がかかって、研究室の仲間たちとアメリカ建築を見て回るツアーに参加したときのことです。1973年の夏、1ドル300円の時代でした。旅

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]