忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

「やなぎみわ マイ・グランドマザーズ」@東京都写真美術館


写美Webサイト
TOKYO SOURCE インタビューページ

20代~40代の女性が「自分の50年後」の理想なり予想なりをやなぎみわに伝え、
特殊メイクで「50年後」の姿を撮影する「マイ・グランドマザーズ」シリーズ。

元々やなぎみわの作品には「老婆」が多いのだけれど、今までのものは
モチーフとしての「老婆」というか、一般概念としての「老婆」という感じだった。
いろんなおとぎばなしに共通して出てくる「魔女」みたいなポジションの。

でも、今回は実在の、一般の女性たちが想像した「自分の50年後」で、
どの「おばあちゃん」もそれぞれキャラが立っていた。



印象に残っているのは、画面の外を見つめ、物思いに沈む表情の2作。

「次の私の肉体は、必ず私の手で作る」と決め、
人形制作に取り込む手を、ふと止めて考え込む《SHIZUKA》。
年老い、水分を失ってかさかさになった肉体の「軽さ」が、
喪失感よりも身軽さを帯びてきたということなのだろうか。

海外に住む友人を訪ねよう、と突然決心し、飛行機に飛び乗った《SACHIKO》。
窓側の席で朝日を見つめながら、己の存在の小ささに思いを馳せる。

この2作が目に留まったのは、私が、そうなっていたいからなんだろうな。
今までの人生とか、「今」の心地よさ、寂しさも含んでの気楽さ、
そういうものについて考えながら、じーっと何かを見るでもなく見つめていたい。

イヤ早く年取りたいですもん。
早く今くらいのことを「若い頃はねぇ……」って語りたいですもん。



そして気になったのは、「後継者」とか「次世代」を意識している人が多いこと。

占い師として自分の後継者にふさわしい少女を探し続ける《AI》、
海に沈んだ世界で、アマゾネスの女長老のように生きる《MIKA》、
人類がほとんど死に絶えた世界で予見をする《MIE》……。
そして、やなぎみわ自身も《MIWA》として、世界各地に養子を
迎えに行く旅に出ている。(なぜか衣装はメーテル!)

私はそこまで思いが至らないのだよなぁ。
自分のことしか考えられない。
というか、自分の現在にすらリアリティを感じていないからなぁ。



若い女子にとっては、「思いを馳せる」いい契機になるシリーズだと思うのだけれど、
彼女に連れられてきちゃった男子とか、リアルおばあちゃん(実際にいた)とかは
これを見てどう思うのだろう、と考えてしまった。かなり気になる。

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]