忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

束芋「断面の世代」展@横浜美術館

ごっぶさた~、の横浜美術館。

束芋。
彼女の作品だけの展示を観るのは初めて。
今まで気付かなかった特徴に気付く。

メタモルフォーゼへの固執。
アニメの人だから、にしても多すぎる。
吉田修一の『悪人』に寄せた一連の作品では、人間と無機物の融合・遷移が多く見られた。

描線の生々しい強弱。
これはマンガっぽい。
70年代という、戦後のサブカルチャーに完全に浸った世代として、そのような描画手法を取るのがしっくり来るのか? 関係ないかな

マンガっぽいつながりでもう一点、デッサンが狂っている作品がしばしば。
画力のある方なので、技能云々ではなく意図的なもののはず。
強く意識している箇所(例えば手指)を誇張することで狂う、あるいは注目させるために狂わせるのでは。

生理痛のようだな、となんとなく思った。
自分の中にある違和感、内臓の存在を殊更強く意識する。
だけれど皮膚はなおも存在するもどかしさ。



観覧後、カフェ小倉山でお茶。
草間弥生ソファを占領。
観ていると不安なのに、包まれると安心するふしぎ。

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]