忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ご丁寧なお言葉


「受付番号5番でお待ちの方」とか、丁寧な表現で他人を「方」って呼ぶじゃないですか。

これ、読み方「かた」ですよね。(あ、なんかカタカタうるさい文……;)

でもこの漢字、「ほう」とも読みますよね。

方向の方、方角の方、方面の方……。

元からある意味はこっちです。

directionのこと。

なんでこれが他人を指す言葉にも転じたかというと、

 「そっち方面にいらっしゃる人」

と、遠回しに表現することにより、丁寧さを示したから。

「あなた」 も古文じゃ「あっちのほう」ってイミだしね。



「山田様」とか、敬称の「さま」も一緒。

これは「よう」ですか。

元の意味は様子の様、様態の様、様式の様……。

これもストレートに「その人」って言うと無礼だからってんで、

 「その人物の様な人」

と、遠回しに表現したのが始まり。



これは何もニポンゴに限った話じゃなくて、エーゴとかでも一緒。

助動詞の時制を過去にずらして遠まわしにすると、より丁寧な表現になったり。

(ex."Will you ...?"より"Would you...?"の方が丁寧、willは現在の意志を示し、wouldは過去に抱いていた意志を示す助動詞。)



しかしこれ、なんでなんだろう、とちょっと考える。

わかりやすい方が親切じゃん? とか、思うのだが。



で、仮説。

丁寧な表現が、なぜ丁寧だと扱われるかというと、それはひとえに「されて嬉しい」からじゃなかろうか。

逆に言えば、遠まわしでない、ストレートな表現は、されて嬉しくない・不快なのでは。



物理的な話になるけど、指差されるとムッと来るよね。

これは「指差し=失礼」とする文化背景があるからだけど、なんでそう考える文化が出来たかっていうと、それはやっぱり指差されても嬉しくないからだろう。

形態的に、それこそ「刺されそう」な感じするしねw



言葉とかも、それと一緒なんじゃないかしらん。

直接的に自分のことを言われると、ちょっとドキッとする。

「あっちの方にいる人」ってワンクッション置かれた方が、感じ方が柔らかいのでは。



あとは、婉曲表現を敢えて使うことによって、相手の知能レベルを認めていることをアピールしてる、とかね。

単純な表現なら、粗野だったり幼稚だったりする人でも使えるけど、あなたは違うでしょ? て。




拍手[0回]

遠まわし云々で思い出したけど、「さようなら」「さらば」「では(それでは)」「じゃあ(それじゃあ)」「あばよ」って、全部「そのようであるなら」って意味なんだよね。

「そのようであるなら、ここらでお別れしましょう」の後半を省略して、独立させた形。

「別れる」っていう淋しい事態をダイレクトに言っていないところに、互いへの優しさを感じるニホンゴです。

ヨーロッパの言語でも、「別れる」って意味を別れの挨拶に入れてる言語、たぶんないよね。

世界中にもほとんどないんだろうな。

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]