忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

『那天下雨了』蒋子丹


夏休みの宿題で、近現代中国の小説を(できたら原語で)読んで、書評を書くという課題が出ていた。

さっき=〆切り24時間前に、とりあえず終えた。目出度い。

ところで、読む作品をタイトル(と邦訳の有無)で適当に決めたので、うっかり文化大革命を舞台にした作品なんか選んでしまった。

政治色がスパイス程度にしか出ていない、メロメロメロドラマとか扱いたかったのに。うかつであった。



それがタイトルにした蒋子丹という作家の『那天下雨了』。

題名は「あの日は雨だった」という意味です。

一晩のうちに、革命に支障をきたす危険因子から、紅衛兵の憧れの的と扱いが変わり、おまけにその日の晩には反逆したという謂れを受け、結局逮捕されてしまう、青年革命家のお話です。

『ワイルド・スワン』で読んだんですが、そういうことは当時、ままあったらしいですね。

高級幹部が地位を転落させられたりとか。

しかしそれがあまりにオーバーで、現代の私たちには滑稽さすら感じさせます。

むしろ蒋子丹、それ狙ってるんだろうな。

アイロニーなんだろうな、これ。

文革自体は1966〜77年で、この小説が収録された単行本が刊行されたのは87年です、ちなみに。



しかし、『ワイルド・スワン』読んでも思ったことだけど、なんて異様な時代だったのだろうということ。

こんなの現実にあったんだー、て、戦前戦中の日本も似た雰囲気だったんだろうけど。

本当、「時代の空気」っていうか、「時代性」ってすごいな、ということ。

特に文革時代は、「この状況はおかしくない?」って思っても、ソッコー弾圧されたはずから、異様さがさらに増していたと思うけれど。



ワイルド・スワン〈上〉
ワイルド・スワン〈上〉



ワイルド・スワン〈下〉
ワイルド・スワン〈下〉

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]