忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

映画『ダウト ~あるカトリック学校で~』

公式サイト

1964年、ニューヨーク・ブロンクスにあるカトリック学校―。
厳格な校長シスター・アロイシスはひとつの “疑惑”を抱く。
生徒に人気のあるフリン神父が、学校で唯一の黒人生徒と
“不適切な関係”をもっているのでは…?と。

新米教師シスター・ジェイムズの目撃談によって芽生えた
この小さな“疑惑”は、次第にシスター・アロイシスの心を
まるで一滴の毒が浸透するかのように支配していく。

フリン神父の弁明も彼女の心には届かない。
一方純真なシスター・ジェイムズはフリン神父の弁明を信じ、
逆に“疑惑”のモンスターと化したシスター・アロイシスへの不信感を募らせていく。




映画でもいいけど、舞台向きの作品だなー と思ってたら、
やっぱり元は戯曲だったみたいね。

あらすじにしてしまうと↑だけなんだけれど、青みがかった映像、
素晴らしい音楽(カトリック学校が舞台だから教会音楽も!!)。
何よりメリル・ストリープとフィリップ・シーモア・ホフマンの
演技の冴え渡り方が! すげぇ!! 怒鳴りあう、激昂する、まじ怖い(笑)



舞台が1964年ってところがミソで、これはアメリカで
価値観の「世代交代」が起こりつつあった時代。

映画で考えるとわかりやすい。
Wikipediaで「アメリカ合衆国の映画」の項目を見てみると、
「1967年の映画『俺たちに明日はない』を発端として、
アメリカではアメリカン・ニューシネマと呼ばれる
反体制的な若者を描く作品群が1970年代半ばまでいくつか制作された。
これはベトナム戦争(1960年~1970年)が影響を与えたと考えられている。」

とあります。

メリル・ストリープ演じるシスター・アロイシスはすごく保守的な校長先生、
対するフィリップ・シーモア・ホフマン演じるフリン神父はすごくリベラル。
二人はそれぞれ、新旧の価値観の代表であり、寓意でもあります。



しかしこれ、原作の戯曲が作られたのは2005年なんですよね。
なぜわざわざこの時代に、1964年を舞台にした戯曲が書かれたか。

それは恐らく「自分の価値観すらも信じられない時代」が
再び訪れたからだと思います。

私、ラストのシスター・アロイシスの発言はつまり
そういう意味だと思っているのですが、いかがでしょう。

拍手[0回]



原作。

ダウト―疑いをめぐる寓話
ダウト―疑いをめぐる寓話

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]