忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『アリスが落ちた穴の中』プレミエレポート(4/4 上映後)

長いので4分割してます。
1/4 上映前
2/4 作品
3/4 感想
4/4 上映後



質疑応答終了後、寺嶋さんが触発され、
この作品を撮るきっかけになったという
中村趫(なかむらきょう、きょうは走繞に喬)先生が
ロウズ・ファミリーの皆様を撮影した
写真集『FORGOTTEN GARDEN』を買うため、物販カウンターへ。
なんとギグルス王子自らお会計をしてくださいました。
ありがたやありがたや。
中村先生にはサインいただいちゃいましたよ!

清水さんとしばしおしゃべり。
マメ山田さんが本当に可愛かったという話で盛り上がりました。
ちなみにマメ山田さんを主役のアリスに起用するよう
寺嶋さんにアドバイスしたのは、ロウズ姫だったそうです。
ロウズ姫は他の方とのお話の中でマメ山田さんを
「あんなに美しい方見たことない!」
と絶賛していました。

また、今回のようなゴシック・ロリータ色が強い作品は
(映像に限らず)大阪・京都の方が受けがいいとも、
清水さんは仰っていました。

実はこの「京阪サブカルチャー強い説」は
森村泰昌についても言われていることで、
「大阪出身の森村には、東京にはない
 カウンター・カルチャーの素地があった」
的な評論を読んだことがあるのですよね。

「丁度いいバランス」に落ち着いてしまう
東京・東日本とは異なり、いい意味で
「半端ない」「過剰な」精神があるのかもしれません。

ちなみに、ロウズ・ファミリーの皆さんが
活動の拠点になさっているのも大阪ですし、
中村先生も京都のご出身です。
寺嶋さんも京都の芸大にお勤めだったらしい。



あと印象深かったのは、ロウズ・ファミリーの皆様と観客との距離感。

道化役だったキャンディマンさんは壇上から
ロリポップ・キャンディを観客に投げつけまくるし、
寺嶋さんが質問に答えている横で、皆して
駄目バレリーナ役の希世見(きよみ)さんをいじめまくってるし(笑)。

物販タイムもギグルス王子とロウズ姫は
物販カウンターでそれぞれ会計とサインしてるし、
その他のメンバーの皆さんはロビーではしゃぎまわったり
ファンの方とご歓談なさってたり。

イベント前の呼び込みも普段からなさっているようで、
ファンとの距離をすごく近しく保ってらっしゃる方たちなんだな、
と思いました。



いろんな方とお話できたり、
今まで知らなかったアーティストの方々を
知ることができて、お腹いっぱいな休日になりました。
寺嶋さん、こんな機会を作ってくださってありがとうございました!
&編集作業お疲れ様でした、ゆっくり休まれてください(´・ω・)w



お土産ズ。
中村先生がロウズ・ファミリーを撮った写真集、
オリジナルマッチ、午後3時缶バッヂ、おまけの荷札。

拍手[1回]

PR

Comment

はじめまして
はじめまして。
この上映会行けなかったので詳しいレポートありがたいです。
なかなか盛況だったみたいで喜んでおります。

ただ「京阪サブカルチャー強い説」は本当でしょうか(笑)私大阪で澁澤さんを中心とした古書と、山本六三さん等の版画などを通信販売していますが、ほとんどのお客様は関東で関西は全滅です(笑)
もしかしたら私のところだけかな。
>CAVEさん
  • 紫式子 〔管理人〕
  • 2009-12-20 20:27
コメントありがとうございます。

「京阪サブカルチャー強い説」ですが、
ファンの人口が多いのは首都圏だけれど
ディープなクリエイターやコアなファンは
京阪地区ご出身の方が多い、という
印象を持っております。

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]